夏の御空に少女は泣いて。

なつのみそらにしょうじょはないて。【登録タグ: IA renybox
作詞:renybox
作曲:renybox
編曲:renybox
唄:IA

曲紹介

明日の私から夏の御空へ
  • renybox氏 の7作目。

歌詞

揺らぐ視界と残像が私を惹きつけるの
変わらない感傷に暮れていた
確かな証明の色に 焦がれて 追い求めて
変わらない感情に触れていた

言葉にしなくたって いつかは伝わるんだって信じていた
昔から臆病で泣き虫だから きっと

明日の私は泣いていて 君を困らせてしまうと思うんだ
昨日までのことが嘘みたいなんて
君とふたりで笑い合って 見上げた思い出の日々の空は
群青なんて 霞み消えそうな あの夏空

眩む視界と現実が 私を追い立てるの
くだらない感傷に暮れないで
壊れた存在証明を 青で塗りつぶすの
変わらない感情が泣いていた

言葉にしたくたって 出来ない弱さも君は知っていると
甘さを消せない私には 何も残らないの

諦めきれなくて 私が嫌いになっていく
でも君から忘れられてしまうのは嫌なんだよ
言葉にしようなんて 私には出来なくて 君も知っていて
それでも この想いは変わらないから きっと

明日の私は泣いていて 君を困らせてしまうと思うんだ
でもこの想いは 言葉にしたいな
君とふたりで向かい合って ふたりで見上げた今日の日の空は
寂寥(せきりょう)なんて 霞み消えそうな この夏空
思い出の空へ溶けていく

コメント

  • なぜ伸びないのだろうか -- 木犀 (2016-01-06 01:09:03)
  • 本当になぜ伸びないのか -- れー (2016-12-27 00:25:23)
  • 久々に見に来てみたけど伸びてないな...こんなにいい曲なのになんで伸びないの、、 -- よひら * (2017-01-11 18:36:32)
  • そろそろ伸び始めてもいいのでは -- 日曜日 (2017-02-12 17:00:15)
名前:
コメント: