SKIP DANCE

【登録タグ: GUMI S ざわP

作詞:ざわP
作曲:ざわP
編曲:ざわP
唄:GUMI

曲紹介

  • へいへーい!(ヘ ・´∀・` )ノ またまたお久しぶりですざわぴーです!
    今回はブルージーな大人の舞踏曲をお届けしますよ!(作者コメ転載)
  • イラストを 俺式氏 が、動画を まゆたま氏 が手掛ける。

歌詞

水たまりなんて気にもせずに
ワン・ツー・スリー 踵を鳴らして
弾む息もリズムとほら仲なおり
野良猫も見惚れているよ

舞台はお馴染み 高台の公園
いつもと違った景色
月明かり耳打ちする影法師
頬に当たってサッと離れた

夢が覚めたなら もう二度と伝えられないかも
でもね今のところ そんな勇気ですら湧いてこないから

せめてこの夜が 終わりませんようにと
キミの心も体も遠く連れ去ってやる
苦笑いなんて気にもせずに
ワン・ツー・スリー 踊ろうよskip dance

出会いは月並よくある形
お互い知り尽くした友達
初めてのパーティあいつのとなり
ストローくわえた少女に釘づけ

見つめ合えたなら もう二度と望みはしないかも
目の前のキミが あの夜のままの少女でいると

終わりと始まりの鐘が告げる
東の空に何が見えるの?
通じ合えるほどの時は流れたはず
野良猫もあくびをしているよ

実際は何もかもボクのせいで その挫いた足も
理解っているのに どうしてキミのこと傷つけたのだろう

今夜はこちらから 左手を差しだそう
受けとめてくれなくちゃステップは刻めない
乱れ髪なんて気にもせずに
ワン・ツー・スリー 踊ろうよskip dance

ごめんね 困らせちゃって
これで最後のskip dance


コメント

名前:
コメント: