かごまないで


作詞:丸井幸清(犬丸芝居小屋
作曲:丸井幸清(犬丸芝居小屋
編曲:丸井幸清(犬丸芝居小屋
唄:GUMI

曲紹介

丸井「下駄は俺の趣味だぜ」犬丸「ダンボール生活してます!快適ですな」
  • こんばんは、犬丸芝居小屋です!また自己満足でつくったものをトントン投下しますぜ!(動画説明文より転載)
  • 人物考案は前作の「氷の世界」と同様に 犬丸梅吉 氏が、その他を 丸井幸清 氏が担当している。(動画より)

歌詞

何時(いつ)しか点はてんでに繋がれ、籠の様に中心を囲う
「彼女」はぐるりとぐるりを見渡し、呆然とその場に立ち尽くす

何時しか天から見放され、異端のレッテルを貼られる
「彼女」はばさりとスカート揺らして、頭抱えその場にしゃがみ込む

(かごめやかごめ、籠の中の鳥は、いついつ出やる)
冷えた視線を笑顔の下に隠して
廻転木馬はかくて廻りはじめた
長いものに巻かれるのは楽だけど
僕より低いその声で、「かごまないで」
其れを聴け

廻る廻るいびつな廻転木馬(メリーゴーランド)
濃紺の袖に腕をとおす
そう何を(じょう)とするかなんて決めるのは僕次第で
さあ堺を越えていけ

うしろの正面は誰だ
うしろの正面は誰だ


何時しか空席は無視され繋がれ、輪を以ては害を成す
「彼女」の心底を理解するなどと云うのは範疇にないのだろう

(かごめやかごめ、籠の中の鳥は、いついつ出やる)
独裁政治で表を統一して
回転木馬は加速度更に増した
正答がないことも理解している
だからこそ弾き出すのは、「かごまないで」
暫し待て

廻る廻るいびつな廻転木馬(メリーゴーランド)
輪追われた点こちらにとおす
そう鶴も亀も滑らせはしない、その泪に誓って
さあ価値観(ものさし)変えていけ

(廻る廻るいびつな廻転木馬(メリーゴーランド)
「彼女」を「彼」と呼んでいた頃、ふと思い出して

御覧あれ

廻る廻るいびつな廻転木馬(メリーゴーランド)
それでも頑なに我を通す
そう何を常とするかなんて決めるのは僕次第で
さあ境を越えて

廻る廻るいびつな廻転木馬(メリーゴーランド)
それでも頑なに我を通す
そう何を一番手強いとするのかも僕次第で
さあ歴史を覆せ

うしろの正面は誰だ
うしろの正面は誰だ
うしろの正面は誰だ
「日が暮れるから帰ろう」


コメント

  • かごまないでの後に何か言ってるように聞こえるが、ただ語尾が伸びているだけかな? -- 名無しさん (2015-07-14 12:41:48)
  • 「いつしか点からみはなされ」の部分、「点」ではなく「天」だとおもいます -- 名無しさん (2015-07-15 20:03:37)
  • ↑修正しました -- 名無しさん (2015-07-15 20:24:53)
  • う、嬉しいいい!! -- 名無しさん (2015-08-09 00:41:44)
  • 梅山田さんは記事が上がってないのが解せない -- 名無しさん (2015-08-13 10:36:23)
  • 解説を見てまたびっくりしました。この人ら、やりおる……! -- 名無しさん (2015-09-09 12:03:43)
  • 手強いとする「の」かもだと思います -- 名無しさん (2015-09-09 21:14:31)
  • 今更のなんだが、」殿堂入りおめでとう -- 名無しさん (2016-06-05 21:24:34)
  • くるりんごさんの曲に似てる -- 名無しさん (2016-10-30 08:43:37)
  • 「日が暮れるからもう帰ろう」って、だるまさんがころんだでも、確かあったはず…! -- ひなまっつん (2016-11-13 17:11:33)
名前:
コメント: