Twilight > 鳩女 うたう文芸サークル


作詞:煩悩の犬、さくらべに、しゃらんら、雛葵、白玉きな粉、Kan-A、もちゃりぃな(鳩女 うたう文芸サークル
作曲:中川輝彦(鳩女 うたう文芸サークル
編曲:中川輝彦(鳩女 うたう文芸サークル
唄:正岡小豆、小林抹茶

曲紹介

「うたぶん」投稿第5弾! ~Twilight~
たそがれどきに、不意に切なくなったことはありますか?

何気ない日常だけど、句として詠むとまるで水彩画のように、
その瞬間を淡く美しく切り取って保存できます。
宝箱にそっと仕舞い込むみたいに。

さりげない情景、想い。
切なさを感じる歌を句選させていただいて、物語にしてみました。
世の中はすごい早さで変わっていきますが、
人の想いは、百人一首が詠まれていた頃とたいして変わってはいない…
どこかほっこりとしたおはなしです。(作者コメより転載)
  • 動画をカン片氏が手掛ける。

歌詞

(動画より書き起こし)

なんとなく いつもと違う 道をゆく
雨音に 足音重ね ぽつこつと

恋のうた よんであなたを 思いだし
雨の日の 午後四時ごろに 虹を見る

日は落ちて 黄昏れ時に 星光る。
思い出は 美しすぎて 切なくて

明日から がんばるからね ホントだよ

コメント

名前:
コメント: