Decayed

【登録タグ: D 巡音ルカ 柊P

作詞:柊P
作曲:柊P
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • どうも葉です 最近少し寒くなって人肌恋しくなってきましたね
    リアルの方ではLIVEをやって生の音楽の良さに感動しました ボカロ制作の刺激にもなったので今後も頑張っていきたいです
    バンド感を前面に押し出し、シンセをあまり使わないで作りました

歌詞

ピアプロより転載)

五月雨が降り頻る暗い道 一人歩く
何の為に 生きてるのか 頭の中 ぐちゃぐちゃだよ
溜息が どうしてか 独りでに漏れてくるの
啼いていたあの人は今はもう記憶の中

頬を伝うナイフは 記憶をのせて

夢に乱れ 花に融けて 蝶が胸を 離れて
鼓動に揺れ 呼吸が咲き 心がほら 震えて
風に流れ 空に抱いて 枯れた腕を 絡めて
現に暮れ 露に触れて 朽ちた星に 塗れたの

狂おしい 人の熱が 絶え間ない孤独を呼び
止められない劣情の中
涙に泳ぐ旋律に消え
触れられない 奈落の果て
絶望の淵に暮れて
啼いていたあの人は今はもう心の中

夜空に浮いた 星空見つめて

夢に乱れ 花に融けて 蝶が胸を 離れて
鼓動に揺れ 呼吸が咲き 心がほら 震えて
風に流れ 空に抱いて 枯れた腕を 絡めて
現に暮れ 露に触れて 朽ちた指と割れた爪

閉ざした扉は 今も閉ざして

夢に乱れ 花に融けて 蝶が胸を 離れて
鼓動に揺れ 呼吸が咲き 心がほら 震えて
風に流れ 空に抱いて 枯れた腕を 絡めて
現に暮れ 露に触れて 朽ちた心 闇と躍る理性


コメント

名前:
コメント: