霜月散華

しもつきさんげ【登録タグ: 初音ミク 緋色

作詞:緋色
作曲:緋色
編曲:緋色
唄:初音ミク

曲紹介

進む為に捨てるんだ
  • 緋色氏 の11作目。
  • 続いちゃいました。ギリギリですが。良かったら聴いてってやって下さい。(作者コメ転載)
  • イラストは みや子氏 が手掛ける。

歌詞

“さよなら”を告げる度に軋む心を言葉で隠して
ありがとう、それじゃもう行かなくちゃ 今日も1ミリでも前へ

分かつ、その道が 不敵に笑み、問い掛ける
「終わりは、何処でしょう?」 「始まってすらいないのに?」

選んでは、悩んで 再三再四、繰り返して
あと何回、捨てれば この足は動き出すかな

「痛いよ、痛いよ」 声が聞こえだす
弱音の渦は今日も元気に広がって 手招き出す

それでも 巡り巡る時の中で息の根を感じて
何度でも前に進む為に大事なものを捨てて行く
“さよなら”を告げる度に流す涙をその手で隠して
ごめんね、もう少しだけ待ってて 今すぐ会いに行くから
流星と一緒に

滲み出す、焦燥 在在所所 撒き散らして
この難解な未来は いつになれば分かるかな

「辛いよ、苦しいよ」 声が溢れ出す
問答無用に迫る時間が現実を 突き付けるんだ

それでも巡り巡る時の中で君の音を探して
何度でも前に進む為に大事なものを捨てて行く
“さよなら”を告げる度に抱く迷いをその手で殺して
ごめんね、もう少しだけ待ってて 今すぐ会いに行くから
幾つもの夜を越えて

分かってるよ、分かってるよ この先も続く痛みを
軋んだ心 続く散華 それでも、まだ

“おはよう”と告げる為に進む道のりは 0 から 1 へ
暁はもうすぐそこだから 迎えに行くんだ

明日へ巡り巡る時の中で君の音を感じて
いつでも君がくれた勇気を抱えて今日も歩いて行く
“さよなら”を告げる度に抱く想いを言葉で紡いで
“ありがとう” 忘れないよ、ずっと 冷たい風の中
今その手に触れた

コメント

名前:
コメント: