きれいな嘘と生きるボク

きれいなうそといきるぼく【登録タグ: フタリ 初音ミク

作詞:フタリ
作曲:フタリ
編曲:フタリ
唄:初音ミク

曲紹介

気付いた頃には遅いなんて、そんなよくある話で________
  • フタリ氏の4作目。
  • イラストはキョウコ氏。

歌詞

PIAPROより転載)

綺麗に嘘をならべ流した 長い長いこの道に沿って
まだ見えぬ星に手を伸ばして 落ちる落ちるその雫が

歪な形繋ぎ合わせて 一人一人綱渡る日々
流されぬようにしがみついて 時が時が流れてゆく

決めつけた線路塞がった 檻に檻に囲まれるボク
与えられるえさ飛びついて 深い深い眠りにつくの

そう 愛を捨てたボクは捕われた 勇敢な夢胸に抱きながら
君に気がついて奪われた 今さら遅いと願う事さえせずに

重なった手と手結ぶ指に チクリチクリささる刺が
そのまま砕けて目の前で 積もる積もる傷の山が

そう 愛を捨てたボクは捕われた 勇敢な夢胸に抱きながら
君に気がついて奪われた 今さら遅いと願う事さえせずに


コメント

名前:
コメント: