構想外クリエイション

こうそうがいくりえいしょん【登録タグ: GUMI PIPPO
作詞:PIPPO
作曲:PIPPO
編曲:PIPPO
唄:GUMI

曲紹介

「お前を生んでしまったよ」
  • PIPPO氏のボカロオリジナル曲1曲目。
  • イラストを 李兎氏が手掛ける。
  • 1stアルバム『クロワール旅行記』収録曲。

歌詞

PIAPROより転載、一部改行削除)

笑って描いた世界の中 虚ろったように眺めた
浮かんで落ちて繰り返し 届かない最頂点
目指して奮起の籠の中 青い飛禽(ひきん)に尋ねる
「お前を生んでよかったか?」と
何も打つ手の無いまま 祈る

笑って描いた世界はまだ漸進的(ぜんしんてき)に変わっていく
開いて すぐの物語 閉じない内に伏せた
見覚えの無い彩りが混ざり 煙り 取り巻く
「お前を生んだ僕への罪かな」って
戻れそうにない世界

泣いてるでもなく ただ諦めた
「大切にしよう この僕ごと」
もう明日が 染まり切るまで 無雑な秒針はまた振れる


踏み込んだ裸足が滑る 広がった小さな紋様は
浸かって飛んで繰り返す 青さを歪める
笑って描いた人 一人が 夢にも見ない創造主
開いてすぐの物語から止め処なく漏れる

1・2・3・4で彩りが混ざり 煙り 取り巻く
経常的な鐘の音と色彩は皮肉で
笑って描いた世界の中 何回だって祈りそうだ
「お前を生んでよかったよ」と
また笑えたらと願う人 一人

揺らぐ籠と泥濘(ぬかるみ)の間 移ろって行く 見据えた先
まだ明日は染まり切らずに 祈りを待つように佇んだ


笑って描いた世界の中
「お前を生んでしまったよ」と


泣いてるでもなく ただ続けていた 移ろってしまいそうな祈りを
まだ明日は染まり切らずに 確かな願いを待ち侘びる

もう飛ばない飛禽の前で
「大切にしよう あの僕だけ」
もう明日は染まり切らずに 無雑な秒針に沿い振れて 戻る

コメント

名前:
コメント: