さよなら三番線

さよならさんばんせん【登録タグ: GUMI しら子

作詞:しら子
作曲:しら子
編曲:しら子
唄:GUMI

曲紹介


歌詞

ピアプロより転載)

溶けてしまうような 夏の帰り道に
こころ火照ってゆく 暑さに酔ってみる
そよぐ夏の風に ふと目上げてみると
ゆらぐ逃げ水追う 君の笑顔があった

風が 君の髪揺らしてく
夏が 締め付ける 僕のこの気持ちを

三番線から手を振る 君の笑顔が眩しくて
一番線の僕はまた 応えられずに曖昧なまま
ホームに入る特急が 君と僕とを切り離す
「また明日」って会えるのに 僕は何故か不安になるんだ
夢見てた君の言葉を 僕への君の言葉を
三番線に君はもういない

突然思い立って 君の写真を見てた
僕のいつも見てる 君の笑顔があった
泳ぐ金魚はずっと 網から逃げるだけ
塞ぐ君の言葉 「助けてあげたいのにな」

風が 君の笑み隠してく
僕も 隠れてる 君は誰のものなの? 

三番線から手を振る 君の笑顔は花のように
一番線から手を振る 僕はやっぱり曖昧だけど
今日も特急は僕らを 切り離して笑うんだろ? 
「また明日」って会えるのに 僕は何故か悲しくなるんだ
名残惜しげな君の目が 僕に向いてる気がして
三番線で笑う君は

真夏の列車に飛び込んだ

三番線で姿消す 君の笑顔はもういない
一番線から手を振る 僕の曖昧は罪作りで
ホームに入る特急が 君と僕とを切り離す
「また明日」って言わせてよ 夏の笑顔は凍ったままだ
夢見てた君の言葉を 僕への君の言葉を

三番線から手を振っていた 笑顔の奥の気持ちは?
三番線に君はもういない


コメント

名前:
コメント: