辿る深海、俄雨

たどるしんかい、にわかあめ【登録タグ: IA Liz. ぐいあの
作詞:ぐいあの
作曲:ぐいあの
編曲:Liz.
唄:IA

曲紹介

『 傘の下 』

歌詞

(動画より書き起こし)

流れてく空と降り出す雨が
僕らを全部濡らし歪ます世界
雨音がばらばらと傘を叩くの
今は僕の手で耳をふさいだ

何度でも降らして僕らを塞かして
俄か雨よ、だってってを堰切った
解かした風に身を投げた
夏を揺らして僕らを急かして 分かってるよ 
だって呼吸だけじゃ 生きれないなんて分かっているのに

回らない時計と振りかざすギター
世界はきっと崩れ落ちた砂のよう
誰も彼もが持つ未来を見るんだ
そこに足場が無いのを知らずに

さしづめ僕はそう未来を恐れた
「ただの海のようだ」空を眺めた
でも星が降ったの、忘れもしないさ
泡沫に咲く俄雨を

何故?なんで言葉が詰まる
去る夏、夜に欠けた蝉月
声なんて、透き通るから
青空、透き通らぬ青空

何度でも降らして僕らを塞かして
俄か雨よ、だってってを堰切った
解かした風に身を投げた
夏を揺らして僕らを急かして 分かってるよ 
だって呼吸だけじゃ 生きれないなんて分かっているのに

コメント

  • 「俄か雨よ、だってって堰を切った」のとこ「堰」と「を」が逆ですよ -- s4 (2015-12-14 23:37:55)
名前:
コメント: