仮想少年は空を飛べない

かそうしょうねんはそらをとべない【登録タグ: MEIKO Moo かと卯

作詞:Moo
作曲:かと卯
編曲:かと卯
唄:MEIKO

曲紹介

  • かと卯氏の初VOCALOID3、初MEIKO。

歌詞

からっぽな空
音を呑んだ ドアを開いた
「帰らなくちゃ」
誰も聞いてないけど
目立ったことは
無理な話 キミはいないし
構って、なんて甘えたくはないから

「騒がしい街は嫌いだ。」
言葉の波に乗せた

ありのままの感情に呑みこまれたのは
「ぼく」じゃない 「ボク」でもない
「キミ」だ
迷い迷って行き着いた場所で
キミはまたぼくを嘲笑(わら)うんだ


変わったことは
特にないし 知りもしないし
「急がなくちゃ」
誰も聞いてないけど
ねえ、どうせなら
キミのことを教えてなんて
止まった指に雨がぽつり零れた

「ひとりは嫌いじゃないかな。」
記号(サイン)の海に寄せた

すれ違いあう情報に流されてたのは
「ぼく」じゃない 「ボク」でもない
「キミ」だ
嘘か本当か騙し騙されて
キミはただ消えるだけなんだ


鏡に映された「キミ」は
紛れもない「ぼく」のままで


仮想少年の空想に呑みこまれたのは
「きみ」じゃない 「キミ」でもない
「ぼく」だ
嘘か本当かぼくを騙すのは
もうこれで終わりにしようか

ありのままの感情に呑みこまれたのは
「きみ」じゃない 「キミ」でもない
だけど
迷い迷って行き着いた場所で
ぼくはまたキミを探してた


からっぽな空
音を呑んだ
鍵を開けた
「帰らなくちゃ」

「じゃあ」



コメント

名前:
コメント: