はじまりのうた。

【登録タグ: ぺんすてP 初音ミク

作詞:ぽんたさんとリスナーのみなさん
作曲:ぺんすてP
編曲:ぺんすてP
唄:初音ミク

曲紹介

  • ぺんすてPニコニコデビュー作。
  • パスタを茹でる歌を作っていたら、いつの間にか入学式に遅刻しそうになっちゃいました。
  • イラストを桜哉狐氏が担当。

歌詞

新しい制服 新しい通学路
昨日から 期待してる
わくわくで 眠れない

カーテンの隙間から 差し込む朝の光
慌てて起きて 支度して
おうちを 飛び出した

坂道走って 学校へ
入学式に 間に合えばと
突然出てきた 君が
まぶしい笑顔を 見せて

君に会えた この瞬間に
未来を予感した 感覚に
胸を高鳴らせ ときめき膨らむ
思い 君に 届け

退屈な授業も 教室の景色も
「君がいる」 それだけのことで
ドキドキが 隠せない

水たまりに映る まぶしい朝の日差し
小鳥の声も 振り切って
駆け足の音 鳴らす

坂道 桜のじゅうたんを
走るとあの日を 思い出す
今日も変わらずに 君の
明るい笑顔を 見せて

君に会える この毎日は
はじまりの日から 変わらない
新鮮な気持ちで あの時のままで
心 君に 響け!

坂道走って 学校へ
卒業式に 間に合えばと
どんな未来でも 君の
まぶしい笑顔を 見せて

君に会えた あの瞬間は
奇跡みたいに 胸(ココ)で光る
いつまでも変わらない 
はじまりの気持ち
思い 君に 届け!


コメント

名前:
コメント: