一等星

いっとうせい【登録タグ: ぺんすてP 初音ミク

作詞:ぺんすてP
作曲:ぺんすてP
編曲:ぺんすてP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 夏の終わりに曲を、と思ったら某エスパー少女みたいになってしまいました。(作者コメ転載)

歌詞

夏の夜空を 彩る星座を
ひとりぼんやり 眺めている

星の名前は わからないけど
ひときわ明るく 瞬く星

遠く 離れた 場所で 暮らす
あなたも 夜空見上げ
同じ星を 見つけているかな
遥か 遠い昔に 放たれたあの光が
僕らの距離を ゼロに変える

夏の終わりを 告げる虫の音
今日も夜空を ふと見上げる

二人離れて 暮らしていても
いつでも君を 思っている

たとえ二人過ごした時が
短ろうとも 絆は永遠だと 信じているよ
いつか君が見つけた あの一等星が
今夜もぼくを 照らしている


コメント

名前:
コメント: