黒髪レジェンド

くろがみれじぇんど【登録タグ: 初音ミク 葉山つばめ

作詞:葉山つばめ
作曲:葉山つばめ
編曲:葉山つばめ
唄:初音ミク

曲紹介

  • 家に帰る途中、ふと思い浮かんだメロディとタイトルを具現化したらこうなりました。以上。(作者コメ転載)

歌詞

PIAPROより転載)

はらはらとその肩に触れる髪が電光石火
僕の胸貫いて揺れる揺れる揺れる

地下鉄のホームにて
向かい側に立つ君
行き先は真逆
到着のアナウンス

吹き抜ける風の中で人混みが動き出した
喧騒に合わせて黒髪が踊る
電車に乗り込み窓の外
君に目を奪われ鼓動が高鳴る

はらはらとその肩に触れる髪が電光石火
僕の胸貫いて揺れる揺れる揺れる

次の日のホームにて
携帯を見てる君
ふと上目遣い
視線の火花が散る

吹き抜ける風の中で時が止まったかのように
美しく輝く瞳に呑まれた
電車に乗り込み俯いた
僕はドアにもたれ鼓動を抑える

曖昧な感情を見抜く視線は絶対零度
僕の胸凍てついて睨む睨む睨む

乗り換えまであと数分
改札を抜け歩く
長い地下道急ぎ足

吹き抜ける風の中で人混みが動き出した
喧騒に合わせて黒髪が踊る
電車に乗り込み窓の外
君を見つめていた
遠ざかる君との距離時が止まったかのように
美しく輝く瞳に呑まれた
電車に揺られて気が付いた
これは恋ではないただの憧れと

はらはらとその肩に触れる髪が電光石火
僕の胸貫いて揺れる揺れる揺れる
曖昧な感情を飼い馴らして転迷開悟
家に着き目を瞑り眠る眠る眠る

コメント

名前:
コメント: