lyric > 葉山つばめ

【登録タグ: L 初音ミク 葉山つばめ

作詞:葉山つばめ
作曲:葉山つばめ
編曲:葉山つばめ
唄:初音ミク

曲紹介

  • どことなく可愛らしく、どことなく切なげで、どことなく希望的な曲。(作者コメ転載)

歌詞

PIAPROより転載)

ペンをくるりと回し
窓の外を眺める
ラジオを聞き流して
夢を探す旅に出かけよう

淡い回想、甘い邂逅
愛すべき誰かの幻想を
君に託した、ただ押し付けた
だけど君は受け入れた

抱きしめてくれるなら
キスくらいしてよ、そっと
ワガママな期待を裏切らないで
未来よりも今を生きていたい
だから一度だけでもいい
「お願い。」

書き間違えた文字を
消しゴムで消していく
書き直さずノートを
閉じて思いに耽る真夜中

見上げれば星が
零れそうに煌くから
涙も星になった

遠のきそうな現実で
眠気に負けても置いていかないで
この手を優しく握って

常に迷想、故に迷走
愛すべき人はわかっている
君が微笑む、釣られてしまう
ああ、もう、敵わないから

抱きしめてくれるなら
キスくらいしてよ、ずっと
ワガママな期待を裏切らないで
今以上の未来も願うから
口癖にしたいほど言う
「お願い。」

コメント

名前:
コメント: