End of Saga-氷の貴公子と緑のアリア-

作詞:かすたまP
作曲:かすたまP
編曲:かすたまP
唄:初音ミク・鏡音リン・鏡音レン・KAITO

曲紹介

  • ダークな雰囲気が印象的な洋風メロスピ。

歌詞

PIAPROより転載。*2のWeisのsはエスツェット。)

凍てつく吐息は白く貴方は何を歌うの?
氷壁に眠ってしまった貴方は何処?

空に掲げた手に集った歌は誰のため?
記録(メモリー)が残っていますように

響き合う旋律(メロディ) 高らかに奏でる調べ
たとえ傷付け合っても <想い>(うた)は伝わるはずと

響き合う歌声 蝶のように閃いて
たとえ声嗄れても この声よ届けと

*1{
(人々は氷を求めるだろう。。。)
Alle Leute... Lieben das Eis.
Alle Leute... Suchen das Eis.
Alle Leute... Lieben das Eis.
}
(それこそが全てだ)
Liebeseis ist das alles.

*1
Liebeseis ist das alles.

*1
(それこそ彼らの全て・・・)
Eis ist Ihr alles...

繰り返し紡がれるその詩は何を見ている?
冷たくて悲しくてまるで氷のように

冷たい声溶かす炎 心揺るがす歌を
最後まで歌おう何度でも


氷刺(ひし)の風 冷艶(れいえん)の 氷刃の煌き
Fee 吹き抜ける風をこの手で抱いて歌う

歌声は羽ばたいて 砕氷と煌く
Ra 玉響(たまゆら)の清静(せいせ)が包んだ

(世界が白い霧に包まれていく・・・)
(世界が静寂に包まれていく・・・)
Die Welt herrschte vollkommene Ruhe.
Die Welt herrschte vollkommene Nebel.
Die Welt herrschte vollkommene Weis.*2
Die Welt herrschte vollkommene Ruhe.


そして聞こえてきた歌声は・・・

コメント

名前:
コメント: