憧れ鏡

あこがれかがみ【登録タグ: エロルヤ光線P 初音ミク

作詞:エロルヤ光線P
作曲:エロルヤ光線P
編曲:エロルヤ光線P
唄:初音ミクV3

曲紹介

  • 動画下部の映像と本曲は一切関係ありません。(作者コメより転載)

歌詞

(動画より書き起こし。一部、耳コピ。)

何、見てるの
宇宙のような目で。
向かい風と呼吸が
黒に映り沈む。

揺らめく視界に
溺れないように
自己嫌悪と混ぜて君に
投げつけた

それさえ宇宙の糧になって
照らされ出来た自分の影に
一体全体僕は何を
どうづればいい?

「影が深くなる前に早く、」
「影が沼になる前に早く」
「飛び込んでしまえ」

「出来るならば認めて下さい。」

君は天敵。

大嫌いな光。

どこにいるの?
目の前で見つめている
様で本当は遠いよね

同じ時代に
近くに生まれた
ことが憎いよどうして
どうして

ひたすら裏切った孤独に
ひたすら望んだ結果に
お前は今更やはり僕を重ねている

過程も結果も知ったことかよ。
敵わないってわかってるよ。
「あなたを照らす
光の意味を教えて下さい。」

「あなたの光、
目指して進む。

裏切られたって憎まれたって
構わない悲しくないって
思ってた。今更何を
どうすればいい

君の顔を見たときの安堵、
震える声、噎せかえるように
自惚れないでよね

このままずっと憎まれてください

互いの光 目指して進む
互いの光 反射している
君は天敵 大嫌いな光

コメント

名前:
コメント: