佳月・夜桜

かげつよざくら【登録タグ: すけP 初音ミク

作詞:すけP
作曲:すけP
編曲:すけP
唄:初音ミク

歌詞

PIAPROより転載)

いま誰と観し日本の 風流と仰ぐ朧月夜
咲けや咲け 梅 桜 桃 の花  闇 彩れ

人ごみの あふれかえる公園路 訪れた春の薫り 憩う週末
日が暮れて 黒の宙に映し出す 嗚呼淡白きソメイヨシノ

ほら そよ風に  舞う ひらひら

恋覚える美しさも いずれは散るこの儚さよ
「めぐる一年」 その詞の意味 私いままで知りませんでした

いま誰と観し日本の 風流と仰ぐ朧月夜
咲けや咲け 梅 桜 桃 の花  闇 彩れ

古の描かれた絵巻物 紐解けば浮き出される時代の歴史
争いて斬り焼かれた傷の跡 尚語り継ぐ平成の世

ただ 眺めて  いま 思いを馳せる

人は いつも 解り合えず
涙 流す ときもあるでしょう
だからこそ今宵この瞬間  あの花と歌で笑い合いましょう

飲めや騒げ友の輪で 大 喝 采と踊る芸者
照らす月明かりよ 気が付いたら 宴もたけなわ
やがてこの春も過ぎて 花弁すべて散ったとしても
忘れることはないでしょう 暖かき この気持ちは

コメント

名前:
コメント: