APOCALYPSE

【登録タグ: A ジェバンニP 鏡音リン
作詞:ジェバンニP
作曲:ジェバンニP
編曲:ジェバンニP
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 昼に投稿していましたが、一部の3000人くらいの熱狂的な方々から是非ロングverをとお願いされたので、ロングverにしました。

歌詞

雨が降っています
車がうるさい
疲れが溜まっている
毎日が少しずつ溶けて
絶対のエントロピー
突き進む
マゾスティックデフレェション
脳みその核に火を点けろ!
もう爆発しそうだ!!

(※1)
 灰色の雲間に 赤い閃光
 女子高生の隕石が
 頭の上に直撃して

 銀の鎧を着た美女を救って
 魔法で世界の闇を消し去って

 ばらばらになって僕の破片が
 眩く輝き 時を超えて。


救急車ドップラーの音
空気が湿っぽい
疲れは溜まる一方
未来が確実にぼやけて
エンディングの足音響く
突き進む
サディスティック2ネイション
全身の血液を噴射しろ!
ああ!
もうこれ以上待てない!!

(※2)
 青空彼方に 金色の光
 可愛いJCの裸の海
 式日に月から降り注ぐ

 百億のミサイル素手で壊して
 魔法で世界の嘘を消し去って

 体から離れた僕の意識
 眩く輝き 時を超えて。

(※3)
 全部妄想だろ 現実は重く
 認識と実体の 狭間揺れて
 何かから逃げて
 何かを追い求めて
 ただ思うのは一つ
 君に会いたい

 全部妄想だろ 現実は重く
 いつまでも言い訳
 ばかり列ねて
 誰にも従わず
 誰の支配も許さず
 ただあるが侭願う
 君に会いたい

Repeat(※1)
Repeat(※3)
Repeat(※2)


コメント

名前:
コメント: