波紋 > しめへび

はもん【登録タグ: しめへび 初音ミク

作詞:しめへび
作曲:しめへび
編曲:しめへび
唄:初音ミク

曲紹介

  • 一年ぶりのボカロ曲投稿。
  • 内に秘めた心の叫び。
  • 作詞作曲に加えイラストもしめへび氏が手がける。

歌詞

piapro(ピアプロ)より転載)

一体何を考えてたんだっけ
一体何を守ってたんだっけ
残ったものは 優しさではなくて
空っぽになった 世界だけ

いつからそんな不器用になったんだ
理想の未来はどこにいったんだ
手を伸ばした先は 当たり前のように
ハナからなんにも 無かったんだ

笑わせたいって思ったのに
やりかた 忘れて 動けない
不甲斐無いな 逃げたくなる
近寄ったのは 僕の方なのに

そばにいたい たったそれだけの言葉が
波紋のように生まれては消えてゆく
どうしてそんなに寂しがりやなくせに一人で
生きてゆこうとしてるのよ?

結局何も残らなかったんだ
守ってたものは 一時の宿
それでも命が灯り続けるなら
これからは何が出来るだろうか

捨ててしまえば楽だった
触れ合い 愛しさ 温もりに
いつの間にか 救われてた
手放したのは 僕の方なのに

そばにいたい たったそれだけの言葉が
波紋のように生まれては消えてゆく
どうしてそんなに甘えたがりなくせに一人で
生きてゆこうとしてるのよ?

限られた時の中で
どんな言葉交わせるだろう
会いたいと言えたならなぁ
好きだよと言えたならなぁ

一緒に居たいよ たったそれだけの言葉が
波紋のように生まれては消えてゆく
どうしてそんなに寂しがりやなくせに一人で
生きてゆこうとしてたのよ?

生きてゆこうとしてたのよ?

そばにいたい たったそれだけの言葉が
波紋のように木霊して広がる
こんなに痛く 息苦しくてもそれでも
一緒に居たいと思うんだ
一緒に居たいと思うんだ

生きていたいと思うんだ。

コメント

名前:
コメント: