氷の翼

こおりのつばさ【登録タグ: tentenP 巡音ルカ 甲楽わん

作詞:tentenP
作曲:tentenP
編曲:tentenP
唄:巡音ルカ(調声:甲楽わん

曲紹介

  • いつもみんなからは
    「人気者だね」
    「きらきら輝いてるね」って言われてるけど、
    才能があるわけじゃないし
    本当は毎日が必死で孤独なの。。

    っていうアイドルの気持ちを曲にしました。
  • MIXをさぶろうさん、絵・動画をAzukiさんが担当。

歌詞

(動画より書き起こし)

写真立ての僕は微笑む
今出来るのは 不自然な笑顔だけ
テレビはいつしか 聞き流すだけに
車はため息を乗せる箱に

もみくちゃにされながら
どうにか自分を保ってきた
無くしちゃいけないものを
悲しむ間もなく失ってきた

氷のようなつばさ広げて
凍える空で震えながら 羽ばたいて
遠くから見ると 光り輝いてるけど
自由に飛び回れる程 強くはない

取り残されそうで何度も
必死になって 息切らしてきたけど
右と左がわかった今も
結局ここでこうして迷ってる

ぐるぐると舞う花びらが
未来の自分のような気がして
空からどんな景色を見て
最後はどこに落ちるのだろう

氷のようなつばさ広げて
凍える空で震えながら 羽ばたいて
遠くから見ると 光り輝いてるけど
自由に飛び回れる程 強くはない

いつか本当の翼生えるかな
熱い太陽でも溶けない純白の翼で

今では届かない場所へと

氷のようなつばさ広げて
凍える空で震えながら 羽ばたいて
遠くから見ると 光り輝いてるけど
自由に飛び回れる程 強くはない

コメント

  • 好き。 -- 花散里 (2016-01-10 11:30:16)
名前:
コメント: