ホワイトアウト > プリュ

ほわいとあうと【登録タグ: プリュ 鏡音リン

作詞:プリュ
作曲:プリュ
編曲:プリュ
唄:鏡音リン

曲紹介

「白い。」
  • プリュ氏の30作目。
  • 良い双子の日にアップされた動画。
  • 同日にレン歌唱の「ブラックアウト」を投稿。

歌詞

PIAPROより転載)

足跡消えた光る痛みで 無邪気を描いた
白い暗闇の中、そこは 記憶すら許されないか
忘れ始めて 忘れ始めて 拙い空想が指刺す
眠り続けるとある夢へ。

意味を失う人波の町に 捨てた願いと会う生幻
一秒意識、形のディストートで 混ざり合う一味違いが言った
愛の世、物語の名前まで 一人を呼ぶ色褪せた時計針
生まれ生きる息の事ばっかりで 美しく汚すオチの偽り

銃声鳴り響く空の姿が 涙を数えた
暗む手紙の感情の色は 会う事も許されないか
回り続けて 回り続けて 失った目が想い出す
白く溢れるとある空へ。

名無しの国、人一人のラジオ 聞こえない噂を会えなくなった
一分の息、重ねる失明で 奪い合う命の本物の言葉に
愛の世、物語を話しても 生を止めて動かないその日常
当たり前に揺れたイノセンスを 声すら隠す子供騙し中

愛に染み付く欠片数えて 見えなくなった
一人の罪か、世界の罪か どれも知れない所は
崩れ始めて 崩れ始めて 薬の中で泣き叫ぶ
弱い世の事、弱い生の言…

足跡消えた止まる意識が 無邪気に溺れて
白い暗闇、白い生語り 狂う命、許されなくて
腐り始めて 腐り始めて 腐り崩れて泣いていた
死ぬふりでとあるヒトは。

色を失うとある部屋へ。

コメント

名前:
コメント: