スイート・グラビティ

すいーと・ぐらびてぃ【登録タグ: 冴戒椎也 弥春 鏡音リン

作詞:冴戒椎也
作曲:冴戒椎也
編曲:冴戒椎也
唄:鏡音リン

曲紹介


歌詞

PIAPROより転載)

「動物の言葉(いうこと)を分かりたい」
そんな戯言(こと)を真顔で語る私を
君はすぐ「バカだな」と苦笑(わら)うけど
実は君の心の声も聴きたいの

同じ地球(ほし)に生まれ 同じ時間(とき)を生きる
その偶然(ひつぜん)はまるで 甘いcocktailのよう

こうしてLalalalaと歌えるのも きっと
ふたりの引力のなせるワザ
不確かな私の行く先(みち)も君がちゃんと
バミってくれる だから私は 迷わず歩いてゆける -君と-

いつまでもだらしない空模様
気怠く生返事をしちゃう私を
君はすぐ遠くまで連れ出して
嘘みたいに綺麗な虹 見せてくれるの

慌ただしい日常(まいにち) だけどどんなときも
瞬きすれば そこにいつも 君が居るから

こんなに穏やかに笑えるのも きっと
ふたりに引力があればこそ
ぐるぐる回ってくこの地球(ほし)の ほんの
片隅で今 大きな夢を信じて廻り続ける -君の まわりを-

君じゃなきゃ 生きれなかった
君じゃなきゃ 挫折(あきら)めていた
野良の犬も猫も 道端(みち)の草も花も
君の魔法で キラキラしてるんだ with you

こうしてLalalalaと歌えるのも きっと
ふたりの引力のなせるワザ
不確かな私の行く先(みち)も君がちゃんと
バミってくれるから 迷わない

君との引力は心地良くて ずっと
この甘い感覚(きもち)に酔っていたい
ぐるぐる回ってくこの地球(ほし)で いつまでも
大事な人(きみ)の 大事な愛を 信じて生きてゆきたい -君と-


コメント

名前:
コメント: