煙の殺意

けむりのさつい【登録タグ: 初音ミク 松傘

作詞:松傘
作曲:松傘
編曲:松傘
唄:松傘、初音ミク

曲紹介

  • 松傘氏と初音ミクによるユニット「震える舌」オリジナル曲。
  • 1st EP「震える舌ep」収録曲。

歌詞

(動画より書き起こし)

火のないところに煙が立つ
撥ねる鯰
MC画伯
聞くところにゃ その赤子は
舌から生まれたそうだ

目に沁みる 吸って吐くこの詩が
脳裏に浮かぶ銀河
センサーにはかからない煙
センセーにはわからない気持ち

酸素がなくてもRAPできるMC パスされるマイクにゃ 地獄めぐり 蒸かし続けた部屋 壁には水色の染みが広がる
"震える舌 in the place to be"imaginary 韻が踏めるPUSSYが 燻らす葉巻 モクモク歌うRAP MACHINE

※ 煙のマネー
  煙の女
  煙のクスリ
  煙の恋 
  煙の絵画
  煙の思い出
  煙の夏
  煙の殺意
  煙のワレワレは
  煙の震える
  煙の舌
  煙のピストル
  煙の弾丸
  煙の「パーン」
  煙の悲鳴
  煙の殺意

「このたびは」
「お悔やみ申し上げます」
線香が漂う部屋
すすり泣く 黒い十人の女 親族 ほか
でも 俺が死んでもホッとしちゃいけない
火葬場の煙突を見れば
おびただしい煙が
大空で渦を巻く

この詩には匂いがついている
風に流れてくる ツインテール
耳で嗅ぐ臭気
絡みつく 意思持った煙
ここ そこ どこにでも居る
わずかな隙間でも入り込む
朧気な視界に目を凝らすと
二体のMachineが舌出す

※くりかえし

コメント

名前:
コメント: