愛憐情歌

あいれんじょうか【登録タグ: dakara 初音ミク

作詞:dakara
作曲:dakara
編曲:dakara
唄:初音ミク

曲紹介

  • イラスト・夜中むに
  • dakara氏いわく、秋っぽい曲。

歌詞


夕眩み去って枯れ行く
絵の中の僕ら 「寄り添う」
くだらない、喉を閉めて
また浮かんだ 願ってなんて

思えば、胸がすく
「言葉じゃあからさまだ」なんて
歩くのも止めて待ってた
掌だけ差し出して

さよなら言えば何も、かも、にさらば
ずっと忘れそうもないのに

汚し合う事なら
想うより上手くいって
許し合えたどんな傷を
与えても

分かり合えたなんて
それだって嘘だなんて
汚れてんだ拭うほど
千切れてゆく

次第次第わかっていく
遠い空光っている
淡い願い混ざるような
藍の中で夜は行く

変わりはしないから
僕もどうやったって同じ
目の前で言えたことも
今以上に足りなくて

今なら別人の顔をするなら
死んだほうが痛くもないかな

許し合いたくて
今更でもいいなら
君を信じてたんだよ
待ってたんだよ

信じていたって
揺れるから辛くなって
不安定な片足で
立っていたんだ

許し会いたくて
今更でもいいなんて
わかっている
もうだめなんだって

重ね合おうとして
解けないままの声を
誰が信じてたんだろう
待ってただろう

行かないでなんて
そんなふりをしてみてよ
次の嘘は飾り付けも
要らないから

コメント

  • 凄い好き! -- 名無しさん (2016-02-23 19:06:33)
名前:
コメント: