透明花

とうめいか【登録タグ: sea-no 初音ミク

作詞:sea-no
作曲:sea-no
編曲:sea-no
唄:初音ミク

曲紹介

「だいじょうぶ」と、何度も唱えるように呟いた。
  • 実写の映像はamia+氏が担当。

歌詞

(動画より書き起こし)

溢れる春 水の流れみたいに
見て 朝露 片手に透明花
春の祭壇 信じてたあの時も
全部消して 僕らは眠ったの

優しい人の 優しさの言葉
音と重なっていく
3月の 僕の耳
雑音が張り付いて

ああ!痛みのない僕の国
全て完璧で怖くない
(君にしか教えない。)
Ah やなこととか 消えちゃいたいとか
全てをなかった事に!
(「だいじょうぶ」と、何度も唱えるように呟いた。)

君と、
(「見えない」)
僕と眠りにおちて
(「見えない 聴こえない」)
いなくなって 春と
(「見えない 聴こえない これで君は」)
一緒になって 夢の
(「見えない 聴こえない これで君は 僕のもの。」)
透明の花

飲んで 飲んで 飲み込まれて
指も首も声も記憶達も
今日も全て僕と一緒に

君と 影踏み ゆらり歩く
君は口を 動かして僕に
何を言っているの?

聴こえない ああ 聴こえない
視界の端(すみ) 鈍色

ああ!痛みのない僕の国
全て完璧で怖くない
(こっちだよ)
君は僕が守るよ
花びらゆらり落ちる

君と、僕と眠りにおちて
いなくなって
春と一緒になって
ガラス砕け落ちて

飲んで 飲んで 飲み込まれて
指も首も声も記憶達も
今日も明日も僕と君と
ずっと

コメント

名前:
コメント: