喪失愚者

そうしつぐしゃ【登録タグ: KAITO カプリコP

作詞:カプリコP
作曲:カプリコP
編曲:カプリコP
唄:KAITO

曲紹介

  • あるお話の続き。
  • 【境界病棟】人は二度死ぬと言う。

歌詞

●月▲日
記憶は一週間で失う物だと思っていた
違うらしい

●月■日
日記帳には同じような事ばかり
仕方ないが

●月×日
一人しか居ないのに、二人分の荷物
何故なのか

■月▼日
毎日、日記帳を読み返すが、
読み返す理由が思い出せない…

『◎月△日 今日も朝から悲鳴が
多分、夜に‘間引き’があったのだろう
幼馴染(?)が隣で「あっけない死に様だ」と笑った』

『◎月×日 今日も昼間に悲鳴が
多分、さっき‘間引き’があったのだろう
幼馴染(?)は隣で「ちょっと遊んだだけだ」と笑った』

それは何か あれは何か
『どーせ、また忘れるけれど』
これは誰か どれが誰か
『まぁ、忘れてて良いんじゃない?』
…なんて

諦めろよ 諦めろ
どうせ、答えなんて出やしないのさ
ほら、「嫌だ」と泣く声 聞こえてる
どうせ、ここで終わりを迎えるのに
さぁ、諦めろよ 諦めろ
どうせ、俺らはここから出られない
ほら、さっきの泣き声 途絶えてる

えっと、あいつの名前は何だっけ?



『◎月*日 今日もあいつは泣いてた
表向きでは笑っているけれど
「その指摘は何回目?」「さぁね?日記帳にでも聞いたら?」』

『◎月☆日 今日も夜中に悲鳴が
まさに今、‘間引き’の最中だろう
幼馴染(?)が隣で「見てよ、酷い有様」と笑った』

あれがこれで それがどれで
『もう、意味なんてないけれど』
これがそれで あれがどれで
『さぁ、終わりを始めましょう!』
…何で?

諦めろよ 諦めろ
どうせ、誰も理解など出来ないさ
ほら、お前もついでに生きてみろ
どうせ、みんな惰性で生きている
さぁ、諦めろよ 諦めろ
どうせ、いつかは忘れ去られるのさ
ほら、外は土砂降り 酷い雨

「…なら、代わりにお前が生きてくれ」

腕引いて 屋上へ
水鏡に歪む表情(かお)を見た
伸ばす手と 拒む手と
身体を押し、落ちて行く君と

諦めろよ 諦めろ
どうせ、今日の事など忘れるさ
ほら、落ちたあいつも笑ってる
そうだ、落ちたあいつは笑ってる
さぁ、忘れてしまえ 忘れろよ
ほら、今日は晴れの日良い天気
泣きながら日記帳読み返す

「…えっと、あいつの名前は何だっけ…?」

どうしても思い出せない
…まぁ、どうでもいいか

コメント

  • 追加乙です。 -- 名無しさん (2016-03-18 21:51:28)
  • 分かりにくい -- 名無しさん (2016-03-19 01:55:58)
  • 聴いてみたけど結構好きだな。歌詞が少し分かりにくい。 -- とある村の村長 (2016-04-24 15:20:39)
  • pixivにあった小説読んだら内容が理解できた♪ -- 名無しさん (2016-05-07 21:54:11)
  • なんで伸びないんだ…? -- 名無しさん (2016-07-27 20:33:55)
名前:
コメント: