翆恋歌

すいれんか【登録タグ: 優P 初音ミク

作詞:優P
作曲:優P
編曲:優P
唄:初音ミク

曲紹介

  • 優Pの2作目。ピアノが特徴的なバラード。
  • 水彩画を 八月 氏が、Mixを あめみや 氏が手掛ける。

歌詞

(動画より書き起こし)

雨が降り暗く濁る 休日の午後
香る花を愛でては 憂いを募らせる
雨が降り 百合は艶やかに煌めいて
街行く人々は皆 過ちを繰り返す

いくら雨に打たれたって
ずっとココで待っているの

心の中に咲く 一輪の花
いつから名前を忘れたのだろうか
いつまでも白く輝いていたいから
咲き続けるよ

枯れるまで


夕焼けが花を染めて 紅く濁らせ
なだれ込む夕立に 身をすくめ怯え
雨が滴り僕は独りで迷い込んで
街行く人々は皆 誰も僕に気づかない

愛という麻薬に溺れて
もう二度と離せなくなったの

心の中に咲く 一輪の花
いつまでも傍に寄りそっていたいの
あの日君に告げられた言葉が今でも
胸に刺さってる

ずっと


もう帰れないから
ココで
さようなら


いつか夢見た 青空の下
夢から覚めよう 空見上げよう

心の中に咲く 一輪の花
いつか夢見た場所へ行きたいの
この遥か輝く空で 歌いたいから
咲き誇れ

翆恋の花


コメント

  • 優Pさんのファンです!これからも頑張って下さい!! -- 名無しさん (2016-03-20 20:44:55)
名前:
コメント: