青い猫

あおいねこ【登録タグ: れたすけ 初音ミク

作詞:れたすけ
作曲:れたすけ
編曲:れたすけ
唄:初音ミク

曲紹介

  • れたすけ氏の2作目

歌詞

(動画より書き起こし)

たすけてたすけて ここはどこ?
どこを見ても真っ暗
柵を越えて 飛び出したい
縄に縛られた 青い猫

スラリスラリ 駆け抜けたい
こんな弱い脚で
クラリクラリ よろめいた
細い通路の真ん中で

暗闇の光を探し
右に左に進め
目指す場所は
少し遠いかもしれない
満天の星空が
昨日は見えていたけど
今夜はこんなにも
深い深い黒いカーテン

後ろを振り返りたくても
そこには眼をぎらつかせたナニカが
蟲(むし)を潰しながら待っているんだ

ホロリホロリ 涙が溢れた
こんな現実の中で
コクリコクリ 目を閉じて
丸くなった 青い猫

まだ出口は見えない
どんなにどんなに進んでも
目指す場所は消えない
そう信じている

薄れゆく意識の中
夢現(ゆめうつつ)の世界で
さらさらと崩れ落ちて
いっそ砂になってしまいたい

顔をあげればきっと・・・きっと
嬉しそうにニヤけた人形が
手に刃物を持って立っているんだ

賽子(さいころ)に運命を
決められるのはむしろ本望だ
どうか路を示してください
せめて前を見させてください

溢れた悲しみも 壊れた幸せも 全部全部
今までのことなんて とても小さなことかもしれないけれど
重くて重くて 潰されそうな重圧で
耐えて耐えて耐えて耐えて でも負けてしまった
折れてしまった 壊れてしまった 消えてしまった
なのにまわりは見て見ぬフリ
まるで雑草を知らん顔で踏んでいくように
捨てられたゴミの気持ちはこんなものだろう
紙切れひとつも持てないようなボロボロなカラダで
必死に必死に 立ってみたけど
何にも何にも 得るものなどなくて
目の前にあるのはただの石ころ
なんでなんで こんなにも惨(むご)い
なんでなんで こんなにも憎い
神様はいったい何を見ていたんだ
神様はいったい何をしていたんだ
嗚呼 夜が過ぎても 朝になっても
昇ってくる陽(ひ)はとても暗くて
周りがみえない 寝ても覚めても
頭の中はキリキリと苦しみの狂宴(きょうえん)で
黒く黒く どこまでも黒く キリがない 意味がないわからない
突然 雨が降って 風が吹いて
それがまるで剣のように
僕に刺さる 僕に刺さる 僕に刺さる 僕に刺さる
僕に刺さる 僕に刺さる 僕に刺さる 僕に刺さる
僕に刺さる 僕に刺さる

ボクニササル・・・

たすけてたすけて そこはどこ?
まだ暗い夜だけど
柵を越えて 飛び出して
空を羽ばたいた 青い猫


コメント

名前:
コメント: