妖艶演舞

ようえんえんぶ【登録タグ: 上村香月 初音ミク
作詞:上村香月
作曲:上村香月
編曲:上村香月
唄:初音ミク

曲紹介

  • 上村香月氏の20作目。
  • イラスト:IF-彬音
  • 2ndアルバム『弦想図鑑Ⅱ』に収録される楽曲。

歌詞

(動画より書き起こし)

指先で描く弧は
おぼろに浮かぶ三日月
今宵は歌え踊れ
闇をはらう宴

空を舞う花びらは
はらりはらり揺らめいて
金色に輝いた
燃ゆる燃ゆる想い

指先で描く弧は
おぼろに浮かぶ三日月
今宵は歌え踊れ
闇をはらう宴

流れる静寂さえ
千の夜に融けてく
まぶたの奥
にじむ幻想

星達が奏でる調べ
永遠に響き咲き誇る
遠く遠く鳴らせ
雲間を裂いて

美しき舞は
人々を虜にする
今宵は宴なり
せつなの演舞

月夜に恋い焦がれて
紅く染まり募ってく
吹き荒ぶ風の中
強く強く生きて

長い黒髪結び
柊のかんざし挿し
錆びた幻を打ち砕く

永久に紡ぐ音色
騒げ天さえ落として
そっと待ち続けた
千切れた夢を

零れ落ちていく
願い祈り宙を舞い
遥かな空一つ
掌に抱く

流れる静寂さえ
千の夜に融けてく
まぶたの奥
にじむ幻想

星達が奏でる調べ
永遠に響き咲き誇る
遠く遠く鳴らせ
雲間を裂いて

美しき舞は
人々を虜にする
今宵は宴なり
せつなの演舞
天へ届け


コメント

名前:
コメント: