2089年

2089ねん【登録タグ: その他の文字 ほのづき 初音ミク

作詞:ほのづき
作曲:ほのづき
編曲:ほのづき
唄:初音ミクAppend Sweet

曲紹介

  • 2089年について考えたことを曲にしました。
  • イラスト:ひめる

歌詞

PIAPROより転載)

「おはよう、今朝の君は体温35℃......」
空の幾何学たちが六時を告げる

「おはよう、今朝の君は......」
五度目のメッセージに
「今日も息します」のスタンプを押した

朝霧の向こうに透き通る角膜の凧
痛いほどの眼差しが僕らを見守ってる

<center>
二回目の文明はどこまで飛べるかな
この街は不可能に優しすぎて
偏菱形の希望と非可算の白鳩
空見送った春、青いサイレンが鳴る

<left>
昔の人が運命託した空
理想郷になったように優しく残酷だ
光仕掛けの凧とプロレタリアート
天【そら】と土を見張る青いサイレンが鳴る

<right>
僕たちの運命は凧が糸握ったまま
この街は過剰に優しく残酷だ
子ども駆ける路【みち】に残されてる爪痕
始業を告げる青いサイレンが鳴る


午後の空気に憩うかつてのマルチチュード
だれも指の先で笑いあう世界

伸び広がる街を包み込む全知のヴェール
いったい僕は何処だろう
痛みも苦しみもない

<center>
透明なコーヒーに一匙の自由を
この街は笑顔が明るすぎて
果てしの無い日常をしのがせる劇場
喜劇の始まり、青いサイレンが鳴る

<left>
東の風が通り抜けるスクリーン
壁までも透き通った明るい監獄だ
光仕掛けのオブスキュラの幻像
さぁ笑えとばかり青いサイレンが鳴る

<right>
顔のような容器に貼り付いてる微笑み
全てが似通った明るい監獄だ
行き場のない感情を抱き寄せるコメディショー
泣きたいほどに青いサイレンが鳴る


ずっと割られたままのジョハリの第四の窓
その欠片を握り締め、僕らは痛みを知る


<center>
僕たちの二回目の文明はどこまで飛べたかな
この街は不可能に優しすぎて
革命前の余興だ
服従の恩寵をブーツで蹴った春、赤いサイレンが鳴る

<left>
昔の人が運命託した空
理想郷であったように優しく惨酷だ
光仕掛けの凧が気づく変調
天【そら】と土を見張る赤いサイレンが鳴る

<right>
バラバラのピースが動き始める合図
この街は過剰に優しく惨酷だ
ほんの些細な事件、空に投げたシトラス
離反者に春、赤いサイレンが鳴る


100年前のある日、壁を崩したように
「明日も息します」のスタンプを消した


コメント

  • 追加乙です!耳が心地良い… -- 名無しさん (2016-05-04 22:16:24)
名前:
コメント: