まばたき > きょむ

【登録タグ: Fukase KAITO きょむ

作詞:きょむ
作曲:きょむ
編曲:きょむ
唄:KAITO、Fukase

曲紹介

まばたきで映す今。

歌詞

作者ブログより転載)

まばたきの朝と夜に
透き通る君との時
繰り返し閉じた目は開く
真新しい朝に

疑い拭えない自らに
まるで自己暗示をかけるかのように
たくさんの愛の言葉を吐いたけれど
埋まらない心を
満たそうとした言葉では
虚しくも埋まらなかったけれど
時は経ち
言わずともわかるという
言い訳に頼り
よりによって本当に愛し
愛されていると感じた日に
なぜか言葉はどうにも言えない
いつもならまだしも
今日だけは言わなければいけないのに
今日だけは

まばたきの朝と夜に
透き通る君との時
繰り返し閉じた目は開く
真新しい朝に
まばたき終わり始まる
瞬間無意識の夜
失う夜と産まれる朝
光は差し込んだ

気づいたときはいつも遅く
なぜだと叩くドア
冷たい反響音
それでも皮肉なことに
僕らの境界線ははっきりとしていた
僕は君の悲しみを
わかったふりで欺いて
君も僕の悲しみを
わかったと本当に思えたのだろうか
それでもわからないことを
埋めるように言葉にしたくて
でも出てこない
擦り減りすぎた愛しているは
何故だか安っぽくて
嗚呼
そのときドアは開く

まばたきの朝と夜に
透き通る君との時
繰り返し閉じた目は開く
真新しい朝に
いつも彼方の光に
君と夢を描いてた
悲しみに暮れるその胸に
光は差し込んだ

永い空で
泣いた今も
笑う今も
また逢えたら

まばたきの朝と夜に
透き通る君との時
繰り返し閉じた目は開く
真新しい朝に
光が届かなくても
胸の光に気付いて
静かなるその暖かさは
また立ち上がらせる

コメント

名前:
コメント: