BATON

【登録タグ: B Fukase KAITO きょむ

作詞:きょむ
作曲:きょむ
編曲:きょむ
唄:KAITO、Fukase

曲紹介

  • バトンリレーの歌です。(作者コメより転載)

歌詞

作者ブログより転載)

僕を置き去りにしては
走り出した僕の距離
前のめりに倒れこみ
大地ごしに聞く僕の鼓動

歩きたくなれば歩き
走りたくなれば走り
座りたくなれば座る
そんな声はもう聞こえない
乖離した僕と僕
止まってしまった時間の中で
泣いている
今度はようやく聞こえたリズムに
合わせるように立ち上がった

風がふっとそっとすっと僕を貫いた
流れるステップ今を季節に刻み
連鎖する一歩のスタートとゴール
そう今を造り駆け抜けていく

見つめる眼差しに陰りは無し
日差し差し込む風の道筋
緊迫する心拍数で位置について用意
スタートからまるでスパークする
そのスパートを灯火に変え
連続の今
その僕を超えて見えたその情景を

脚はもっとぐっとじっと
今を踏みしめて
そこでざっと空へと
土を蹴り上げた
そこにある一歩前の僕ではなく
そう新たな今を強く見つめ

明日のバトンは明日に
今日は今日のバトンを
落とさないように握り締めた

誰かの前が後ろに
誰かの後ろが前に
それならどこに向かうか
そこから何が見えるか

風がふっとそっとすっと僕を貫いた
流れるステップ今を季節に刻み
連鎖する一歩のスタートとゴール
そう今を造り駆け抜けていく

僕を置き去りにしては
走り出した僕の距離
前のめりに倒れこみ
大地ごしに聞く僕の鼓動

コメント

名前:
コメント: