信仰

しんこう【登録タグ: 初音ミク 擾鸞
作詞:擾鸞
作曲:擾鸞
編曲:擾鸞
唄:初音ミク

曲紹介

信仰の先にみる愚の虚像。
  • 擾鸞氏の參作目。
  • 創作の器「納骨」収録。

歌詞

共鳴した社會性
證明した子供達
保存する生命と
世界へと信仰に

都市化の瞬きを
眞實へ變える様
症状の惡化へと

陰濕な吐息から
本日は假定訪問

感覺の變質者は
資格の君に成り
其れは生命線で
性懲りもなくて
明日の罪に成る

林檎を食す神は
葛藤に變える様
處で火災に爲し

陰濕な吐息から
本日は假定訪問

感覺の變質者は
資格の君に成り
其れは生命線で
性懲りもなくて
明日の罪に成る

紫色で在る爲に
低血壓症に優る

感覺の變質者は
資格の君に成り
其れは生命線で
性懲りもなくて
禍は可視化して
正當な原材料を
歪で不完全なら
信じ崇めませう
明日の君に成る

コメント

名前:
コメント: