螺旋 > だだ

らせん【登録タグ: だだ 初音ミク

作詞:だだ
作曲:だだ
編曲:だだ
唄:初音ミク

曲紹介

  • だだです。8作目です。
  • 就活(ほぼ)終了しましたワーワー。

歌詞

あの時貴方が流した涙 少し舐めたらとっても苦い味がした
震える指先いたたまれなくて 少し触れたら崩れ落ちてしまった

どんな悲しみがあなたの身に降りかかったのかを
想像することすら許されないのでしょうか?

例えに喩え 拒絶を迎え
不意に振返 ただ憎まれて
恋に恋して 螺旋が生まれ
明くる夕日に その身を捧ぐ

後での痕で 命を縛り
全て見下ろし 全てを流し
恋に恋して 螺旋が生まれ
交わることのない 朝が来る

あの時貴方を導いた右手 果たしてそれは『幸せ』なのでしょうか?
無言の返事は聞こえてくるけど あいつの心はちっとも見えやしないから

どんなことを考えてるのか ただそれが知りたくて
身体の穴という穴をこじ開けて 聞いてみる

奮いに震え 拒絶を示し
手に携えて 流れに任せ
怨み辛みに 螺旋を生やし
輝く夜に  その身を捧ぐ

祭囃子の 笛宛らに
音を鳴らして 虚ろになって
怨み辛みに 螺旋を生やし
交わることのない 朝が来る

未だに貴方は涙を流していますか?
それとも貴方は笑っているんでしょうか?
幸い貴方は目が少し不自由だから、
私のこの顔も見ることはできないから、

永久の器に 引き戻されて
永久の別れを ただ否定して
貴方を抱いて 螺旋を見つめ
消えた夕日に この身を捧ぐ

後での痕で 命を縛り
全て見下ろし 全てを流し
貴方に恋して 螺旋が生まれ
交わることのない 朝が来る

コメント

名前:
コメント: