三千世界鴉殺盡

【洛天依】三千世界鸦杀尽【原创曲PV附✿】
作詞:薇采之依
作曲:花之祭P
调教:毛毛虫P
唄:洛天依

曲紹介

  • ビリビリ動画で公開されたオリジナル曲。
  • 中国語です,でも本当に和風曲です

歌詞


夜寂夜鸦起(yè jì yè yā qǐ)
夜息夜鸦寂(yè xī yè yā jì)
夜の静けさで夜鴉が起き
夜息で夜鴉が静まる

夜息 伴君起且为君着轻衣 辞去(yè xī bàn jūn qǐ qiě wèi jūn zhe qīng yī cíqù)
不过朝夕 却 恍若三季(bùguò cháo xī què huǎngruò sān jì)
夜息 あなたの為に起き、あなたの為に衣を纏う もうよそう
けれど、朝から晩の間が まるで三つの季節のよう

雪 纷飞杨柳岸(xuě fēnfēi yángliǔ àn)
看 谁家纸鸢 遥盼(kàn shuíjiā zhǐyuān yáo pàn)
雪が 岸辺の柳に舞い降りる
見て どこぞの凧かと彼方を眺める

风 扶摇青云巅(fēng fúyáo qīngyún diān)
君 何时再 还(jūn héshí zài huán)
風が 空高い雲を吹き揺らす
あなた 次はいつ会えるのか

盼到红霞漫斜阳醉天边(pàn dào hóngxiá màn xiéyáng zuì tiānbiān)
再 重拾羽衣轻点眉间(zài chóng shí yǔ yī qīng diǎn méi jiān)
待ち望み、紅の夕焼けがゆっくりと沈む地平線に酔う
再度 かすかな羽を取り戻す

为君舞歌一曲纤云鹊桥仙(wèi jūn wǔ gē yī qǔ qiàn yún quèqiáo xiān)
与君共醉樽前(yǔ jūn gòng zuì zūn qián)
あなたのため「鵲橋仙の繊雲」を一曲舞い歌い
あなたと共に酒樽の前で酔う

今朝连夜雨飘摇落巫山(jīn cháo liányè yǔ piāoyáo luò wūshān)
谁管他断了的红线(shuí guǎn tā duàn le de hóng xiàn)
今日もまた夜雨が風に揺られ巫山に落ちる
誰も気に止めることはない、彼が切った赤い糸

只恨那夜鸦声轻葬了缠绵(zhǐ hèn nà yè yā shēng qīng zàng le chánmián)
也葬了半世缘(yě zàng le bànshì yuán)
ただ憎らしいのはあの夜鴉の声 この余韻を切り裂き
半生の縁をも葬ってゆく


夜寂夜鸦起(yè jì yè yā qǐ)
夜息夜鸦寂(yè xī yè yā jì)
夜の静けさで夜鴉が起き
夜息で夜鴉が静まる

夜息 孤影寂凭栏叹晚风急 别离(yè xī gū yǐng jì pínglán tàn wǎn fēng jí biélí)
已过三季 却 恍若朝夕(yǐ guò sān jì què huǎngruò cháo xī)
夜息 一人寂しく手すりにもたれ溜息をつき、夕風に気をもむ 離れて
すでに三つの季節が経つが、まるで半日のことのよう

燕 堂前雨喃喃(yàn táng qián yǔ nánnán)
花 叶下缱绻 纸鸢(huā yè xià qiǎnquǎn zhǐyuān)
燕 座敷の前で雨音がつぶやく
花 葉の下にはあの時の凧

线 似断也未断(xiàn sì duàn yě wèi duàn)
君 此生不 见(jūn cǐshēng bù jiàn)
線 切れているのか繋がっているのか、まるで私のよう
あなた もう二度と会うことは叶わないのか

遥叹我不过歌舞青楼间(yáo tàn wǒ bùguò gēwǔ qīnglóu jiān)
君 墨染弦风流过青衫(jūn mò rǎn xián fēngliú guò qīng shān)
遠く離れた身の上を嘆きながらも、遊郭の間で歌い踊る
あなた 黒染めの弦、優雅な青衣

世流言 事难全 夜夜共婵娟(shì liúyán shì nán quán yè yè gòng chánjuān)
夜夜夜鸦阑珊(yè yè yè yā lánshān)
世間の噂は 全てが信じ難いが 夜ごとに同じ月を見つめ
夜ごとに夜鸦は衰えてゆく

君尝言 执长剑 灭杀鸦三千(jūn cháng yán zhí cháng jiàn miè shā yā sān qiān)
春花共秋月与我踏遍(chūnhuā gòng qiū yuè yǔ wǒ tà biàn)
長刀を握り、あなたは言っていた「三千の鴉を討ち滅ぼし、
春花秋月(四季折々の美しい外界)を私と共に歩んでくれ」

雨声乱 玉笙寒 挑灯又翻看(yǔshēng luàn yù shēng hán tiǎo dēng yòu fān kàn)
君予我的画卷(jūn yǔ wǒ de huà juǎn)
雨音が乱れ 玉笙は冷たく 街の灯りがまた倒れ
あなたは私に絵巻を与えた


帆 彼岸携手流年 渐行渐远(fān bǐàn xiéshǒu liú nián jiàn xíng jiàn yuǎn)
我 焚琴断弦 只身游遍 山河万千(wǒ fén qín duàn xián zhīshēn yóubiàn shānhé wànqiān)
帆 俗世から離れ手を携え長い歳月を ゆっくりと歩む、ゆっくりと遠くへ
我 琴は燃え、弦は切れ この身だけで幾万の山と川を歩む

笑 不似彼时孤寒 他乡夜暖(xiào bù sì bǐshí gūhán tāxiāng yè nuǎn)
忽 风起鸦声渐渐 吹落谁的泪眼(hū fēng qǐ yā shēng jiànjiàn chuī luò shuí de lèiyǎn)
笑 あの頃の孤独と心の寒さとは似つかぬ この異郷の暖かな夜
急に 風が吹き始め、鴉が鳴けば 自然と流れ落ちるのは誰の涙か



コメント

名前:
コメント: