桜の海を往く

さくらのうみをゆく【登録タグ: IA 平井ジロー

作詞:平井ジロー
作曲:平井ジロー
編曲:平井ジロー
唄:IA (調声:)

曲紹介

人生で初めて春の曲を作りました。
  • 平井ジロー 氏の16作目。
  • 画像:千夜子
  • 春夏秋冬コンピレーションCD『years』収録曲。

歌詞

さよならだね 昨日の僕
この歌だけ もらっていくよ
流れていく街で一人
止まったままの僕の時間

あがくように伸ばした手は
花びらさえつかめなくて
前を歩くあなたの影
淡くにじむ
桜の舞う春の日
心を奪われた

あなたのようになりたくて
歌いたくて
桜のように空に溶けて
泳いで往け

見知らぬ街 あなたの街で
昨日の僕は歌っていた

冷めた熱と古いギター
置き忘れた夢のかけら

記憶の中の
桜の季節は
あなたの声と
僕の涙と

記憶の中で
あなたは言ったの
また会いましょう
また会いましょう

あなたのようになりたくて
歌いたくて
あなたにはなれないまま
届かないまま

桜のように空に溶けて
泳いで往け

見知らぬ街 あなたのもとへと
今日の僕も歌っていた

さよならだね
旅立ちの日
春が終わり
桜は散る

コメント

名前:
コメント: