無口な夏と君の恋

むくちななつときみのこい【登録タグ: TOPPON 初音ミク 音羽ねぅ

作詞:TOPPON
作曲:音羽ねぅ
編曲:音羽ねぅ
唄:初音ミク

曲紹介

「君のこと 想う季節 忘れないように」

歌詞

(動画より書き起こし)

あの夏が君に恋した
言葉もなく 息も忘れて
宝石を溶かしたような
涙浮かべ 傷付くその姿に

あの夏が君に恋した
言葉もなく 寄り添っていた
届かないその恋に泣く
君の姿見て ただ彼も泣いた

もしも両手があったなら
迷わず抱きしめているけど
触れることさえも 許されはしないから
夜の闇 カーテンを引いて

今夜は優しい声で鳴け
虫たちよ 君のため 悲しみ忘れさせて
今夜は明るく照らせ月
その道を輝かせて 転ばないように

この夏を振り返るとき
君は何を 思い出にする
届かないその恋の果て
涙の傷跡 それだけだなんて

もしも言葉があったなら
忘れないでと叫ぶけど
季節は巡っても この夏は一度きり
今だけは 涙を隠して

今夜は冷たい露が降る
泣き腫らす 暑い頬 優しく撫でていくよ
今夜は水辺が誘い出す
蛍火が 舞う理由は 君だけのため

叶わない 恋した夏は
君の笑う顔も知らず
ただ夢見てる 見知らぬ季節に
満面と咲く 君の姿だけを

いつかは笑顔で振り返り
恋してた この夏を ときどき思い出して
出来れば季節が終わるまで
そばにいることなんて 気づかずにいて

今夜は優しい声で鳴け
虫たちよ 君のため 悲しみ忘れさせて
今夜は明るく照らせ月
その道を輝かせて 転ばないように

君のこと 思う季節 忘れないように


コメント

名前:
コメント: