心曇り空

こころくもりぞら【登録タグ: ぎっちょんの人 鏡音リン

作詞:ぎっちょんの人
作曲:ぎっちょんの人
編曲:ぎっちょんの人
唄:鏡音リン

曲紹介

  • ぎっちょんの人が送る「鏡音リンさん強化月間」のラストは、苦酸っぱい青春なボサっぽい曲。

歌詞

青空がどこまでも続いているね
だけど君の心曇り空
傘差して歩くなんて疲れちゃうよ
きっといつか晴れるはずさ

久しぶりに出会った君は少しおとなしくて
昔見てた笑顔じゃなくて
寂しげでどこか疲れてる

思うようにいかないことばかりでも
こうしてまた出会えたことが嬉しい
嫌なことばかり覚えてるものだけど
どんなことも僕でよければいつでも話してみて

白い飛行機雲が伸びていくね
風に流れやがて消えてゆく
明日には少し違うこともあるよ
だから上手く進むはずさ

思い出話重ねる君が急に黙り込んで
ごめん君の強がる嘘を
何ひとつ僕は気付かずに

言葉もなく見上げた空の眩しさ
あの頃のふたり思い出す せつなく
どうしてこんなに気持ち離れたんだろう
あの日僕はあの時の君に上手く伝えられず

茜色すべて染まりゆく世界に
いつか僕も心曇り空
あの頃と変り過ぎたこの景色に
何もできず悔しくなる

さよならと差し出された手のひらは
暖かくてあの日のままの気がした
何度か振り向き手を振る君が滲む
何もできず人ごみに消える君を見つめるだけ

青空がどこまでも続いていたね
だけどいつも心曇り空
傘差して歩くなんて疲れちゃうね
きっといつか晴れるはずさ

いつか心晴れるはずさ

コメント

名前:
コメント: