ランドスケープ > かぴるす

らんどすけーぷ【登録タグ: かぴるす 初音ミク

作詞:かぴるす
作曲:かぴるす
編曲:かぴるす
唄:初音ミク

曲紹介

  • かぴるす氏 の13作目。
  • Photo:山梔子

歌詞

piaproより転載)

傘も持たずに 僕らはずっと
雨に打たれ凍えて震えてる
太陽を待ち続けても こんな場所じゃ日も当たらないな

生活に大した不満もないけど
幸福と呼ぶには程遠い
だからといって何かを変えることも煩わしくて

あれ? いつだか予約した
たまらなく欲しがってた物も
なんだか冷めちゃって

失っては手に入れて
最後に掴んだ君でさえも
明日この気持ちが冷めぬように
何度も確かめる

鍵もかけずに 何かを守って
自分自身を一番誇ってる
誰も気になんか留めない
自己満足だけのパフォーマンス

常識なんていつも 都合の良いように覚えてるんだ
いつだって有利なロジック

奪われたっていいものは
ここに置いて構わないから
軽くなったその身体を夜空に放って

ねえ 今を変えていく強ささえ
唄えなくたって 鼓動は僕を揺らして

此処じゃない何処かなら
僕らきっと満たされるかな
探してた答えはいつだって
彼方に消えて

こんな世界だってずっと
ありのままを抱きしめて行こう
僕の瞳が映したその先に
君がいるから

コメント

名前:
コメント: