Ending

【登録タグ: E GUMI ちゃーきゃち 波音リツ

作詞:ちゃーきゃち
作曲:ちゃーきゃち
編曲:ちゃーきゃち
唄:GUMI・波音リツ

曲紹介

  • ちゃーきゃち氏の18作目。
  • 大切なものを手に入れて、かけがえの無いものを失ったお話。幸せでも、不幸でも物語は必ず終わりがやって来るのです。
    4月から環境が激変するのでしばらく曲が作れない期間が続くかもですが、曲作りは辞めないのでこれからも宜しくお願いします(*u_u)
  • 素敵なイラスト:きオ

歌詞


「笑いながら生きれば良い」と それが君の口癖だったね
いつも笑いながら生きてた 君だから信じられたのよ

嘘はもう十分だからね 早く起きて笑顔見せて
私に光照らしてくれた君の 魔法が解ける

閉じた世界、凍る心 暗闇が私を包む
太陽の慟哭が今響く
胸が震え、息が切れ 涙枯れ、ただ立ち尽くす
私だけの太陽が沈んだ日

「どうしていつも泣いているの?」 それが初めての言葉だったね
あの日君は泣いてる私に 笑い方を教えてくれた

身体中管付けた君が 微笑みかけた

開く世界、溶ける心 輝きが私を照らす
太陽の抱擁に包まれて
君の鼓動、私の鼓動 奏でるは命の音色
どうか今は魔法に掛けられた気でいさせて

言葉のかけらひとつひとつ
拾い上げて胸に抱く
君に捧げた忍冬(すいかずら)
愛の絆が今苦しめる

昇るなら沈む日が必ず訪れるのね

心で魂で 身体で君を感じる
笑顔が二人を繋げてく

止まる世界、眠る心 しばらくは沈む太陽
今だけは月に悲しみ預け

いつの日かこの私が 光照らす太陽になる
だからここで悲しい物語はおしまい

どこか遠く君はいるの
離れ離れでも心に君がいるよ
いつもいつでも
忘れないから

コメント

名前:
コメント: