堕天に添える

だてんにそえる【登録タグ: メイカ 鏡音レン

作詞:シズルユウ
作曲:シズルユウ
編曲:シズルユウ
唄:鏡音レン

曲紹介

堕ちていく
  • シズルユウ氏の2作目。
  • Illustration:テグリ32号

歌詞

彼方で響く雷鳴がパルスになってゆれる
崩れた瓦礫の海で瞼を失くしてしまう

朽ち果てた祈りは泣いた そっと空へ還すよ
君がくれた秘密もまぜて
あれはいつか見た流星だ 忘れてしまう前に
奇跡を抱いて眠ろう そして堕ちていく

神に背いた生活を無邪気なスプーンでひと掬い
赤みのかかる夜に僕らはただただ近づいた
彼方で響く雷鳴がパルスになってゆれる
36.5℃の言葉をとても聴きたいな

赦されない翼で翔んだ景色をいま放とう
『ごめんね』が喉元でさけた
朝焼けが君を照らせば 名前もない闇が
涙までをも黒く染める

ありふれた物語では 辿りつけない場所まで来たよ
泣き方を忘れるほど泣いたならもう

朽ち果てた祈りは泣いた そっと空へ還すよ
君がくれた秘密もまぜて
あれはいつか見た流星だ 忘れてしまう前に
奇跡を抱いて眠ろう そして…

『夢じゃないよ、夢じゃないよ』繋いだ手が剥がれても
傍にあった 繋ぎあった あのメロディーを思い浮かべたら


コメント

名前:
コメント: