インカーセレイト

いんかーせれいと【登録タグ: 田中B 鏡音リン
作詞:田中B
作曲:田中B
編曲:田中B
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 前作からは約1年5ヶ月ぶりとなる新作。
  • タイトルの incarcerate(インカーセレイト) とは「投獄する、監禁する、幽閉する」という意味。

歌詞

千切れた影は 針の筵(むしろ)
叫ぶように 嗤(わら)う怠惰
希(ねが)うせいで 朽ちた世界
満ちた月を 磔(はりつけ)にした

爛(ただ)れた躯(むくろ) 腸(はらわた)の中
哀れな獣を締め付ける檻
疑り合えば 息が続く
下卑(げび)た空に 羽ばたいてみた 

螺旋の道は 孤独 孤独
あがくことも許されない囹圄(れいご)
摩天の壁に 描く 描く
奈落に焦がれた心臓の詩
仮面の怒り 踊る 踊る
匕首(あいくち)にくちづけしようとして
滴り落ちるしずくに紛れて
汚れた手を差し伸べている

夜ひらく夢 瞬きの間に
あなたがくれた カタストロフに揺られて
眠れば 渇きと痺れ
刳(く)り貫かれた視界で遮られて手探りのまま
答えも知れず 狂えるコトバ
固く閉ざした唇に込めて 無限の時雨(しぐれ)
幻日に照らされて立ち尽くしてる

千切れた影は 叫ぶように
下卑(げび)た空を 眺めていた
希(ねが)うせいで 息が止まる
欠けた月が 羽ばたいていく

イメージ通りのカリカチュアみたい
間抜けな結末を約束された
ステージの後ろ側で静かに遂げた惨めな物語

螺旋の道は 遠く 遠く
退屈に遊ばれてた迷路
摩天の壁に 昇る 昇る
奈落に生まれた心臓の爪
仮面のしたに 伝う 伝う
匕首(あいくち)をにぎりしめようとして
滴り落ちるしずくにまみれて
汚れた手に縋(すが)りついていく

夜抱く夢 モルタルの膿(うみ)
待ちわびていた カタストロフに見とれて
しまえば 眩暈(めまい)といきれ
絡みついた鎖でさえ愛しくおもえた夜に
背中に告げた 震えるコトバ  
固く閉ざした瞼に映した あなたのカラダ

現実に魘(うな)されて目を覚ました束の間の夢

涙の行方 あなたが消えた 
カタストロフの夜明けを迎えた 彼方の時雨(しぐれ)
すれ違いに惑わされて行き場をなくした僕は
火薬を込めて 引き金を引く
碧(あお)に染まる空を初めて見た ピカロの瞳

幻日に照らされて歩き始める

コメント

  • わああ待ってた!! -- 名無しさん (2017-02-20 21:47:47)
  • 新曲本当に嬉しい -- 名無しさん (2017-03-02 09:17:25)
名前:
コメント: