アグノジア

あぐのじあ【登録タグ: パセリP パピ子りん 暫定歌詞 綾取り 鏡音リン

作詞:綾取り
作曲:ビタミンな兄貴♂(パセリP)パピ子りん
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 動画はこーるす氏が担当。
  • JOYSOUND配信中

歌詞

(動画歌詞より書き写し+α)
(一部聞き取れないため暫定歌詞)

誰にどこで出会っても一期一会なら
耳と目を伏せながら歩きたい
挨拶返してみても汲み取れない感情
笑いながら去ってそのまま
かなり不安定なこの場所で逃げられず
テレビなんてもってのほかでしょう
部屋の隅っこでアリに話しかけるくらい
退屈過ぎる日々過ごして

ふらりふらりと歩く街並みは
いつもと違う色で 色で
なにも代わり映え無い毎日を
つれづれなる体で 送ってる

明日が違う日になる 気がしても
昨日と同じ気持ちで 迎えたくなる

のらりくらりと生きても問題事なら
ずっと落ちてくるんだすぐそこに
こねくり回してみても解けないものなら
積もるさまを見てるそのまま
いつか埋もれていくこの部屋に一人きり
コンビニにもいけないどうしよう
考えあぐんでいたら眠れる獅子へと
ままならないものです

ぐらりぐらりと変わる街並みは
いつもと同じ色で 色で
とても新鮮な日々に見えても
私のファインダーは 色付かず

あると思っていのたの 原因が
どうやらそんな易しい ものじゃないよう

どれもそれもが同じで違うような妄想
きっと忘れてるんだ目を閉じて
あれこれ捜してみても知らない人なら
声のかかる時を待ってる
いつも結ばれてはすぐ切れるこの糸は
なんだか知らないけど大切で
思い出そうとしてたら眠れる獅子へと
また分からなくなるのでしょう


不確かなイメージでも怒られないなら
もっと君へのそばへと近づいて
どれだけ間違えたって包んでくれたら
その顔覚えられる?

誰にどこで出会っても一期一会なら
耳と目を開けながら歩けたら
マイナスとプラスが今噛み合ってく構造
笑いながら去って振り向く
ずらり並べられたオナジモノ怖がらず
学びたいと思うの変でしょう
部屋の真ん中で通話声をかけるくらい
どうってこともない見つけた

いつか〇〇〇〇はじまりは はじまりは
いつも同じ色〇〇〇〇になる
あれこれ捜してみては知らない人でも
声をかけて君を待ってる


コメント

  • 「いつも違って見えてた街並みは いつも同じに色付きそこにある」 -- ○○のところ(多分)さん (2017-06-17 08:45:41)
名前:
コメント: