生きる > AM

いきる【登録タグ: AM 初音ミク 暫定歌詞

作詞:AM
作曲:AM
編曲:AM
唄:初音ミク

曲紹介

  • 2017年3月4日に投稿された初音ミクオリジナル曲。
  • AM(あむ)氏のボーカロイド処女作。

歌詞

(動画内の歌詞と一部耳コピ)

君は僕 僕は君だ
あの星は
ずっとみていたんだ
ふたりのこと

あおく腫れた目も
おぼつなぬ足も
しかし ふたり
懸命に息をしてたことも

「生きていたい」
「生きていたい」と

真珠みたいな 僕の涙が
空にこぼれて 星にまぎれて
その一粒の いちばんぼしが
照らした君は ぐしゃぐしゃな顔で

笑って 泣いて 叫んで 喚いて
ぎゅっと握っていたんだね
大好きなこの匂いを

狂った姿形で産まれたけど
がむしゃらに吸って吐いて
歩いてきたんだね

ひゅるり星がはじければ
なないろの影法師
ひっぱったんだ僕の手を
はっと気づいた君の涙に

震える手 滲んだ目
ゆるしてよ こんなぼくだけど
橋の上 諦めた もう

生きろ
立ち籠める 蜃気楼
或る筈ない 互いの幻影を

照らして映して
君と僕を重ねて
「さあいこうぜ!」
この声は君が育てたんだ!

君は僕 僕は君だ
目の隈も
爪を噛むその癖も
本当のきもちも

話してみなよ 無駄じゃないから
君の声は 僕がきくから


「生きたくない」って
「死にたくない」って
矛盾してない 誰が笑っても
あの森の向こう ふたりでいこう
君の笑顔が知りたい

ふたり手をつなぐその森はまるで
靄で白いレントゲンみたいだから
君が知りたいと目を凝らしてみれば
近づくたびに嫌なふたりが見えた

けものみち辿り灯りがちかづいた
「けもの」「ばけもの」は僕だけじゃなかった
「僕が大切」と目を逸らしてみると
離れるたびに好きでたまらなくって

微温湯みたいなこの距離に甘えた
そこから一歩も進めやしなかった

本当はとっくに気づいているんだろう

霧なんてまったく晴れてるんだって
傷なんてずっと癒えないものだって

幸せになろうふたりは許された
ほら行こう

生きろ愛されず汚されて殴られたって
約束だ
世界に拒まれた
あの子のためだ

ふたりによく似たあの子の希望になろう
指切りだ
世界を憎め
生きるために

生きる 歌える 描ける 愛せる
泣いたけど
枯れるほど泣いたけど
この先も泣けるなら

歪な形に けずれ きしむ 魂
折れるなら
ねじ曲がれ
花を咲かせ

生きろ 何千回 何万回 何億回と
生き生きて
道標になれよ
あの灯台のように

君は僕を 知らない
僕は君を 知ってる

僕は君の 未来で
君は僕の 過去で

いつかの 君のために
僕は ちゃんと言うね

生きろ 何千回 何万回 何億回と
生き生きて
道標になれよ
あの灯台のように

不幸であろうと
異常でも
汚くても
幸せでもいいんだよ

生きてく意味




コメント

  • 動画内の歌詞を参照しましたが、一部歌詞がない部分は耳コピさせて頂きました。
    間違いがありましたらご指摘・訂正頂けるとありがたいです。
    最期の歌詞が分からず「生きるてく意味」としましたが「生きてく今」「生きて行けば」等にも聞き取れます。
    コレだというのがありましたら訂正して下さい。 -- 名無しさん (2017-06-03 17:47:02)
名前:
コメント: