傍観の罪科

ぼうかんのざいか【登録タグ: *Luna IA びび
作詞:*Luna
作曲:*Luna
編曲:*Luna
唄:IA(調声:びび

曲紹介

「この手を伸ばすだけなのに」
  • 『春の魔法-Magic of Youth-』収録曲。
  • 調声 : びび、ミックス・マスタリング : はるお、イラスト : hotaka

歌詞

(動画より書き起こし)

誰を軸に世界は回る? 回る方に何がある?
誰の引力が何を統べる? 抵抗を忘れて

今日もまた 繰り返される劇場は
僕を忘れて 幕が上がってく

どうして何時迄も僕は遠く
客席の一部に隠れるのか
何を讃えて意味などない
拍手を虚しく鳴らしているのか

無数の細い糸は絡み 大きな傷跡を落とす
乾いた歪な手を重ね それぞれは薄れる

前ならえ その声は空気に混ざり
僕はひとり ずっと立ち止まっていた

何故
もしも
何度逸らしたか
まだ、僕は

どうして何時迄も僕は深く
その目の意味を飲み込んでいくのか
何を守って荊も無い
道だけを選んで歩いているのか

何かの模範に なりたくない
敷かれたような レールの上 並びたくなくて
それでも
自分で作るのを 怖がったんだ
臆病さを 勘違いして 抱え込んだ
捨てられたはずなのに

どうして何時からか僕は弱く
君の視線から逃げていたのか?
何度、何度でも君のもとへ
この手を伸ばすだけ
なのに

止まって、届いて
僕の声が
どこまでも響くほど鳴ったなら
君を救ってあげられただろう
拍手を掻き消した
あの夕暮れに


コメント

  • 乙です!!この曲聞くと泣けてきます・・っ -- 夜牙 (2017-06-06 08:38:07)
  • なんか落ち着く -- ゲン (2017-08-02 17:58:56)
名前:
コメント: