ジニアの徒花

じにあのあだばな【登録タグ: grief art 佐倉 憂 結月ゆかり
作詞:佐倉 憂
作曲:grief art
編曲:grief art
唄:結月ゆかり

曲紹介

ジニアの花言葉は「不在の友を想う」「別れた友への想い」。
平穏を取り戻した世界で最も大切なものを失った少女は、ひとり何を思うのだろうか。

歌詞

(動画より転載)

ジニアの花言葉
「不在の友を想う」「別れた友への想い」

平穏を取り戻した世界で、最も大切なものを失った少女。
ひとり残された少女は、何を思うのだろうか。

彼女は静かに綴る。
この世界を救った、華奢な姿の英雄。
その伝説を。

全て抱えて この世界を去ったあなた
重過ぎる使命を遂げた
美しい景色は蘇り
平和で盛んな町が生まれた

頭から離れない あなたの笑顔
勇敢に立ち向かう背中
手を伸ばせども 虚空を切るだけで
想い出の中のあなたを探してる

例えば私が実を結ばない花だとしても
隣で笑えた事は誇りよ
あなたを綴った真実の逸話は
ずっと語り継がれるだろう

世界を救ったあなたの花は
実を結んで(こぼ)れ落ちた

「見て。あなたの残した世界では、綺麗な蒼い蝶々が舞ってるのよ。」
「大きな犠牲があったかもしれない。でも、きっとこれは何より価値があるもの。」

全て救って この世界を去ったあなた
残酷な運命(さだめ)受け入れた
美しい景色とは裏腹に
ひとり欠けた国が生まれた

身体から離れない あなたの温もり
私を抱きしめた華奢な腕
寄り添えども ひとりきりのままで
記憶の中のあなたを探した

例えば私が実を結ばない花ならば
せめて美しく散りたいわ
あなたを綴って此処に居た証伝えるから
どうか心を捨てずに生きて

さあ、集まって。今日はお話をしましょう。
1000年の封印から放たれた魔物たちを倒し、世界に平和を齎した救世主の話。
永遠に語り継がれる、色褪せない物語。
そうね、タイトルは────

────『英雄ライアの伝説』。

あなたへ綴ったひとつの手紙
いつか読んでくれるだろうか
一番の想いは心に仕舞ったまま
時間が過ぎるのを唯待ってる

例えば私が実を結ばない花だとしても
隣で笑えた事は誇りよ
あなたを綴った真実の逸話は
ずっと語り継がれるだろう

たとえ私が実を結ばない花だとしても
無駄になんてしたくないわ
あなたを綴ったこの勇気の証を
胸に抱いて私は生きる

世界を救ったあなたの花が
現の中で咲き乱れる

たとえ1000年経ったって、世界はあなたの名前で満ちている。
絶対に、あなたのことは忘れさせない。
ただの伝説だなんて、言わせはしない。
誓う。
世界中が、あなたに「おかえり」を伝えるって。

世界を救ったあなたの花は
実を結んで今此処にある

コメント

名前:
コメント: