奇跡の灯火

きせきのともしび【登録タグ: 巡音ルカ 毛布

作詞:毛布(蕎麦殻P)
作曲:毛布(蕎麦殻P)
編曲:毛布(蕎麦殻P)
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • 蕎麦殻Pこと毛布氏の3作目。
  • イラストは1作目「存在の証明」と同じくriria009氏。
  • 2017年7月現在、氏の作品の中では最も再生数が少ないが、いわゆる「もっと伸びるべき」曲。

歌詞

(動画歌詞より書き起こし)

届かない言葉を綴って
先の見えない物に浸って
どれだけ想いに耽って
時を重ねていけばいいんだろう?

愛してる言葉 伝えられなくて
世界はこんなに果てしないのに

君が最後に紡いだ
一欠けらの灯火が
遠くの空へ導いて
僕と君を繋いでいた

サヨナラを言えなくて
気持ちを伝えたくて
そして聞こえたんだ

愛してる言葉響いてゆく
だからもういいよ俯かないで

遠ざかる記憶消えない様に
掴んだ想い 咲き誇る

愛してた君を忘れないよ
閉ざした世界を今開いて



コメント

名前:
コメント: