近未来型空想都市

きんみらいがたくうそうとし【登録タグ: shino 初音ミク

作詞:shino
作曲:shino
編曲:shino
唄:初音ミク

曲紹介

夜の街に溶けていく。
  • shino氏 の2作目。
  • イラストは Azuki氏 が手掛ける。

歌詞

午前三時 冷たい風が濡れた頬を撫でる
高層ビルの隙間に覗く月に恋をしたんだ
恥じらって含羞んで交わした愛言葉
憂いを帯びたあのジョークも夜の街に溶けていく

喧騒に揺らいだ世界と閑静に乱すエモーション
混沌を選んだ未来は清々と息を吸い込んだ
「いつまでも側にいたいな」
その言葉だけが胸に響く
精巧なロボットさえも抗えはしないディストーション
遠回り探して歩いた 体温を奪う深い溜め息
切なさに飲まれる前に
全部全部捨てて夢のその先へ

午前三時 子供の消えた十字路を往く
赤青黄色のネオンを頼りにあなたの下へ
駆け下りたあの空に舞う妖精のように
光を纏い輝けたならそれだけでいいはずなのに

銃弾が壊した笑顔と生み出した黒い感情は
摩天楼最上の異界でいつだって街を見下ろしている
どうしようもないな こんな僕だから
同調優越の意味を履き違え大人になる
廃材で作った命を踏み台に生きる都市国家
敗北を飾って語った 震え交じりの声を押さえて
見たくないものは捨ててしまうんだ
そうやって命を繋いだ僕たちも同類さ
息を潜めて

退廃的なイメージで理想を失うなら
空が泣いている 黒に染まる
この夢は この恋は
僕を置いて飛び立つの?

喧騒に揺らいだ世界と閑静に乱すエモーション
混沌を選んだ未来は清々と息を吸い込んだ
「いつまでも側にいたいな」
その言葉だけが胸に響く
精巧なロボットさえも抗えはしないディストーション
遠回り探して歩いた 体温を奪う深い溜め息
切なさに飲まれる前に
全部全部捨てて夢のその先へ

コメント

名前:
コメント: