カンタービレ×パッシオーネ

かんたーびれぱっしおーね【登録タグ: OSTER project ぶーた 初音ミク
作詞:OSTER project
作曲:OSTER project
編曲:OSTER project
唄:初音ミク

曲紹介

  • 白熱するパッセージの果てに僕らが見たものは……Hey Siri(作者コメントより転載)
  • アプリゲーム『#コンパス 戦闘摂理解析システム』のキャラクターテーマソング。
  • 歌詞に音楽用語やクラシックの名曲が多数散りばめられている。
  • イラストを ぶーた氏 が、動画を えむめろ氏 が手掛ける。

歌詞

(動画より書き起こし)

時を越えて五線譜 *1 に記したシンフォニー *2
鮮やかに羽ばたくメロディ *3 に心託して

木枯らし *4 の中見つけたエチュード *5
月の光 *6 が照らしたノクターン *7
フレーズ *8 の狭間に残された
物語に想い馳せ

悲愴 *9 の夜明け 雨だれ *10 の朝
水の戯れ *11 ため息 *12 の湖畔
踊る指先 白熱するパッセージ *13 の果て光る
歴史の全ては今この手に

愛の夢 *14 もテンペスト *15 もめくるページから
生まれては消える泡沫の恋
永遠の美しさを宿し響くカンパネラ *16
鮮やかに羽ばたくメロディは世界を照らす
一筋の煌めき

乙女の祈り *17 捧げたロンド *18
幻想 綴る別れ *19 とプレリュード *20
コーダ *21 に向かい堰を切った音の波に身を委ね
激情のまま叫ぶ魂

夏の夢 *22 もラプソディ *23 と共に響き合い
今を彩る刹那の灯火
縋るように鍵盤 *24 に刻んだジムノペディ *25
艶やかに旅立つハーモニー *26 は世界を駆ける
一陣の騒めき

愛の夢もテンペストも巡る調べから
生まれては消え繋がる旋律 *27
永遠の美しさを秘めて響くカンパネラ
鮮やかに羽ばたくメロディは世界を変える
目眩く革命 *28


コメント

  • おおおおお新曲乙です! -- 名無しさん (2017-08-11 19:38:06)
  • 追加おつです!美しい曲だよなぁ -- 名無しさん (2017-08-11 19:44:01)
  • 音楽用語詳しくなくても気付くくらい凄いたくさん散りばめてあって、それでいて綺麗に纏まってるのがかっこよすぎる…これはもっと評価されて欲しいなぁ… -- 名無しさん (2017-08-16 03:36:35)
  • ラスボス戦のBGMとかにありそうだよね -- 名無しさん (2017-08-21 01:02:14)
名前:
コメント:


*1 主に西洋音楽で最も広く用いられている楽譜。5本一組の線からなる五線が上から下に数段書かれている用紙「五線紙」に音符や音楽記号を書いて楽譜とする。

*2 交響曲。主に管弦楽によって演奏される多楽章からなる大規模な楽曲。

*3 ある高さと長さを持ついくつかの楽音が前後に連続して、それがリズムに従って、連続的に進行する(演奏される)ことによって、何らかの音楽的内容をもつもの。

*4 練習曲 作品25 第11番。「木枯らしのエチュード」。別名、「木枯らし」とも。1836年にフレデリック・ショパンによって作曲されたピアノ独奏曲。

*5 練習曲。演奏するために非常に高い技巧を要求する比較的短い楽曲。性格的小品の一種。

*6 ベルガマスク組曲 第3曲「月の光」。4曲で構成されている。1890年ごろにクロード・ドビュッシーによって作曲されたピアノ独奏曲。

*7 夜想曲。性格的小品(主にピアノ独奏曲)の一種。ムツィオ・クレメンティの弟子でアイルランド出身のピアニスト兼作曲家ジョン・フィールドが創始した名称。

*8 メロディ(旋律)のひと区切り。楽句。

*9 ピアノソナタ第8番 ハ短調 作品13「大ソナタ悲愴」。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。作曲者の創作の初期を代表する傑作として知られる。

*10 前奏曲 変二長調 作品28 第15番「雨だれ」。24曲の前奏曲から成る曲集と独立曲2曲の、計26曲である。フレデリック・ショパン作曲。

*11 「水の戯れ」。フランスの作曲家モーリス・ラヴェルがパリ音楽院在学中の1901年に作曲したピアノ曲。当時の作曲の師であるガブリエル・フォーレに献呈された。

*12 3つの演奏会用練習曲 第3曲「ため息」。フランツ・リストによって作曲されたピアノ曲集である。

*13 パッサージュとも。旋律音の間を急速に上・下行する経過的な音符群。経過句。走句。ポピュラー音楽ではフレーズと同等。

*14 「愛の夢」。フランツ・リストが作曲した3曲から成るピアノ曲。サール番号541。「3つの夜想曲」(みっつのやそうきょく)という副題を持つ。

*15 ピアノソナタ第17番 ニ短調 作品31 第2番。ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲したピアノソナタ。「テンペスト」の通称で知られる。

*16 「ラ・カンパネッラ」。フランツ・リストのピアノ曲。ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンド「ラ・カンパネッラ」の主題を編曲して書かれた。

*17 「乙女の祈り」。テクラ・バダジェフスカ作曲。明治時代に、ピアノ教本と共に楽譜が持ちこまれ、日本に伝えられて以来、ピアノ経験者によく知られるのみならず、オルゴール曲の定番として日本で広く愛されている。

*18 輪舞曲、回旋曲。楽曲の形式の一つ。異なる旋律を挟みながら、同じ旋律(ロンド主題)を何度も繰り返す形式。

*19 練習曲 作品10 第3番 ホ長調。フレデリック・ショパンが作曲した独奏ピアノ曲。日本においては「別れの曲」の名で、西欧においては「Tristesse」(悲しみ)の愛称で広く知られる。

*20 前奏曲。他のより規模の大きい楽曲の前に演奏する楽曲を指す。後に独立した即興性の高い曲となった。通常は声楽を伴わない器楽曲である。

*21 楽曲において独立してつくられた終結部分をいい、しばしば主題部とは違う主題により別につくられているものを指す。

*22 「夏の夜の夢」。ウィリアム・シェイクスピア作の喜劇。

*23 狂詩曲。自由奔放な形式で民族的または叙事的な内容を表現した楽曲。異なる曲調をメドレーのようにつなげたり、既成のメロディを引用したりすることが多い。

*24 楽器の演奏機構の一つ。特定の音高に関連付けられる操作媒体である鍵を並べたものである。鍵盤楽器の操作部。

*25 「ジムノペディ」。エリック・サティが1888年に作曲したピアノ独奏曲。第1番から第3番までの3曲で構成されている。

*26 和声。和音の進行と各声部の配置や進行の組み合わせのこと。

*27 メロディを参照。

*28 練習曲 ハ短調 作品10 第12番。フレデリック・ショパン作曲。1831年頃に書かれた。最初の練習曲集(作品10)の12番目として出版され、友人フランツ・リストに献呈された。